ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】日米首脳会談に向けて円安抑制の思惑も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、4月13日~4月17日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、28日の日米首脳会談に向けたドル高・円安抑制への警戒感、G-20財務相・中央銀行総裁会議での為替協議への警戒感などから、ドルは上げ渋る展開が予想される。しかし、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や民間機関投資家による外貨建て資産投資増額への期待は高いことから、ドルの下値は限定的か。

 リスク要因としては、米国議会で環太平洋経済連携協定(TPP)に為替条項を盛り込む可能性が強まった場合、中東の地政学的リスクが緊迫化した場合、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念などが挙げられる。

【米地区連銀経済報告】(15日)
 4月28-29日の連邦公開市場委員会(FOMC)での米国の景況感の判断材料となる米地区連銀経済報告では、悪天候により低迷している雇用情勢や原油価格の下げ止まりを受けた物価情勢を見極めることになる。

【G-20財務相・中央銀行総裁会議】(16-17日)
 米国財務省半期為替報告書は、欧州と日本は景気を刺激する上で金融政策に過剰依存していると批判し、中国人民元の上昇、韓国ウォンの上昇が要請された。中国当局は、中国人民元の特別引き出し権(SDR)の通貨バスケットへの採用を求めており、中国人民元の安定推移を目論んでいることで、米中の為替協議に注目することになる。

 欧州中央銀行(ECB)と日本銀行は、インフレ目標2.0%に到達するまで金融緩和政策を続けると表明しており、利上げの時期を模索している米国連邦準備理事会(FRB)との金融政策協議に注目することになる。

【日米政権のドル高・円安抑制スタンス】
 28日に予定されている日米首脳会談に向けて、ドル高・円安を抑制する動きが警戒されている。安倍政権は、12日と26日の統一地方選挙に向けた地方企業への配慮、TPPに為替条項を盛り込む動きが強まっている米国議会への配慮から、円安を抑制するスタンスを強めている。

 米国議会では、ドル高への警戒感が高まっており、通貨安による損害賠償請求、TPPに為替条項を盛り込む動きが警戒されている。オバマ米大統領は、議会対策、米国製造業への配慮からドル高による米国輸出への影響に言及した。

 4月13日-17日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)3月小売売上高 14日(火)午後9時30分発表
・予想は前月比+1.0%
 参考となる2月実績は、前月比-0.6%で市場予想に反して3カ月連続の減少となった。大雪などの天候不順の影響があったが、原油安でも個人消費は弱含みの状態が続いている。3月については反動増が予想されるが、個人消費の持続的な回復は期待できないとの見方も。

○(中国)1-3月期国内総生産 15日(水)午前11時発表
・予想は、前年比+7.0%
 参考となる昨年10-12月期の経済成長率は前年比+7.4%で約24年ぶりの低水準となった。不動産市場の低迷や投資鈍化の影響が表面化した。今年1-3月期については経済対策の導入を考慮しても、経済成長率は10-12月期との比較でやや鈍化する可能性があり、市場予想は妥当な水準か。

○(米)3月鉱工業生産 15日(水)午後10時15分発表
・予想は、前月比-0.3%
 参考となる2月実績は前月比+0.1%。鉱業が-0.2%で全体の伸びを抑えた。石炭や石油・ガスの掘削に加え、サービス部門が低調だった。3月については製造業の持ち直しが期待されているが、鉱業やサービス部門の低調な状態は続くとみられており、前月比で減少する可能性が高い。

○(米)3月消費者物価コア指数 17日(金)午後9時30分発表
・予想は、前年比+1.7%
 参考となる2月実績は前年比+1.7%で市場予想をやや上回った。ただし、需要鈍化に対する懸念は残されており、物価上昇率がさらに高まる状況ではないとみられる。原油安の影響が他分野に波及する可能性は残されており、インフレ進行の兆候はみられない。

 主な発表予定は、13日(月):(日)2月機械受注、14日(火):(米)3月生産者物価指数、(米)2月企業在庫、16日(木):(米)3月住宅着工件数・住宅建設許可件数

【予想レンジ】
・米ドル/円:118円00銭-123円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「人民元切り上げ」で日本にとばっちりの円高来ると専門家
日経新聞ランキングNo.1アナリスト 今年は1ドル=90円台も
三橋貴明氏 日本の為替介入に米国怒り中国歓迎した理由説明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP