ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LGの次期フラッグシップ「G4」の製品サイトが一時的に公開、デザインが判明

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

LG が 4 月 28 日に発表する次期フラッグシップスマートフォン「G4」の製品サイトが一時的に公開され、ネット上で話題となっていました。製品サイトは公開中の公式特設ページの HMTL ソースに仕込まれて g4.xfb.kr。URL のドメイン名は LG ドメインではありません。また、URL 先の情報は既に削除されているため、見ることはできませんが、公開されていた画像や情報がネット上で多数出回り、G4 の全容がほぼ明らかとなりました。既に公開中のティザー画像で、G4 は革製のバックカバーを採用しているようでした。今回の製品サイトに記載された情報によると、上図の通り、複数のカラバリ、ハードカバー仕様の G4 もあることが確認できます。また、バックカバーは開閉、交換が可能で、バッテリーも取り外し可能です。さらに、規格は不明ですが、ワイヤレス充電に対応している模様。

G4 のワイヤレス充電は基本的には Qi 規格と予想されますが、昨年発売された G3 米国キャリア AT&T モデルだけは PMA 規格が採用されていたので、G4 の場合もキャリアや投入国によって仕様が異なる可能性があります。G4 は、G3 からカメラスペックが強化されており、これまでに、1,600 万画素の CMOS イメージセンサーに F/1.8 のレンズを組み合わせていることが判明しています。また、シャッターが押される直前に被写体の色を分析し、自然で鮮明な画像に補正する赤外線センサー「カラースペクトラムセンサー」も搭載しています。このほか、既に公式情報として公開されている、マニュアル撮影機能や光学手ブレ補正機能「OIS 2.0」も搭載。

製品サイトには G4 のスペック情報も掲載されていたのですが、内容は、Snapdragon 801 2.5GHz クアッドコアプロセッサや Android 4.4.2 など、これまでの噂とは全然違う情報が記載されていました。おそらく、情報自体は G3 のものなのでしょう。

Source : g4.xfb.kr


(juggly.cn)記事関連リンク
英Amazon.co.ukが「Lumix CM1(DMC-CM1)」の取り扱いを開始、日本直送は今のところ対応せず
Samsung、画面上のスワイプ方向でロック画面を解除できる「Direction Lock」をGalaxy S6 / S6 edgeに導入
HTC One(M8)、HTC One M8s、Desire EYE、Butterfly 2にはSense 7.0が提供されるらしい、Android 5.1と一緒に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。