ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家事代行支援が起こす「暮らし向上」のインパクト サービスの第一人者に聞く「日本人はどう変わる?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「女性の活躍」を掲げたアベノミクス成長戦略で、一躍脚光を浴びているのが「家事代行サービス」だ。他人に家事を代行してもらうことで、自分や家族のための時間を増やすことができる。「家事は女性がやるもの」という固定観念が強かった日本人にとって、意識の変革を迫られる出来事だ。

「家事代行サービス」の市場規模は大きく拡大すると予想されているが、実際はどうなのか。一般社団法人全国家事代行サービス協会の高橋ゆき副会長に、現在の状況や今後の展望などについて、聞いてみることにした。
夫婦の時間は逼迫状態「介護と同じことが起こる」

野村総研の調査(2014年7月)によると、家事支援サービス自体の認知は73%と高い。しかしその内訳は、「利用したことがある」との回答がわずか3%にすぎず、残りの7割の人たちは「サービスは知っているが、利用したことはない」ということになる。

なぜ、利用したことがないのか。多く回答を集めたのは「他人に家の中に入られることに抵抗があるため」(47%)というプライバシーの問題と、「所得に対して価格が高いと思われるため」(45%)という価格に関する抵抗感だ。

しかし日本では、少子高齢化などで暮らし方の「大きな変革」が求められる。すでに保育、介護分野ではニーズに制度が追いつかなくなり、低賃金、人手不足、サービス供給不足といった負のスパイラルに陥っている感がある。

反面、女性の社会参加が政府によって推進され、夫婦の時間はまさに逼迫状態だ。高橋さんは「親の介護も、わずか20数年前まで息子や娘がみるのが当たり前と思われていた」と振り返り、未来をこう指摘した。

「高齢化が進んで被介護者が急増し、『なぜ他人にお金を出してやらせるのか』と言っていられなくなりました。国は事業者を増やさなければならない。でも、担い手がいない。これと同じことが、家事でも起ころうとしているわけです」

確かに日本人には心理的な障壁として「家のことは自分たちでやるべき」という意識があり、家政婦やお手伝いさんは「金持ちが使うもの」というイメージがある。実際に高橋さんも、香港で仕事をしながらの育児を経験するまでは、そうしたイメージを持っていたという。
利用者アンケートに多い「夫婦ゲンカが減った」の声

しかし、香港で優秀な「家事のプロ」に出会うことで、「帰宅したら部屋は綺麗。アイロンがけも済んである。何もすることがない」といった体験をした。夫や息子との会話も増え、日本に帰国後も利用したいと思ったが、日本には「家政婦」「ハウスクリーニング」「便利屋」といったサービスしかなかった。

「日本で専門の清掃業者は、思い切って頼むものでした。家政婦も、お金持ちが使うもの。夫にそのことを話したら『じゃあ、産業を創ろう』と言ってくれて、1999年に夫婦で、ベアーズという会社を起業したんです」

同社は現在、家事代行のみならず、ベビーシッターや高齢者支援とサービスの幅を広げ、必要なときに必要に応じた家事サービスを受けることができる。利用者は年々増加しており、2014年の案件はベアーズのみで20万件以上。たとえば掃除・洗濯のみなら、1時間2350円とリーズナブルだ。

利用者アンケートには、顕著に多い声が3つある。それは「夫婦ゲンカが減った」「ママが優しくなったと言われた」「(妻が)若返ったと言われる」というものだ。それまでストレスフルだった家庭に、家事代行サービスが余裕をもたらすことが分かる。

最近の利用者の傾向としては、共働きで育児中の家庭のほかに、子どものいない夫婦(DINKS)や高齢者家庭、さらには単身者の利用も増えているそうだ。震災などを機に「暮らし方を変えよう」と行動する人が増えたのでは、と高橋さんはいう。

「プライベートの時間を家族と過ごすなど、『自分でないといけない』ことに使い、自分以外の人でもできる家事はアウトソーシングする。それで得た時間を、お金には代えられない価値のある暮らし方をしたい、という人が増えているんです」

「我が国最大の潜在力」である女性の力を活かすために

ニーズの増加を見越して、参入企業も増えている。そうなると大事なのは「サービスの担い手」の地位向上だ。現在ベアーズ社では55歳以上の担い手が多く、人生の先輩が20代・30代の子育て世代を支援する「社会の好循環」ができつつあるという。

確かに50代以上の女性たちは、これまで「家事のキャリア」を苦労して培ってきた。これを活かせる場が新たにできたら、新たな雇用創出にもつながる。

「『お客様は神様』の時代は終わった。これからは『お客様はお互い様』の時代。人生のキャリアを持った人たちが、子育て中・働き盛りの人たちのサポートをしてくれる。血縁を超えた信頼関係ができるし、心の支えにもなる」

政府の「日本再興戦略(改訂2014)」でも「女性が輝く社会」を実現するための方策として、「安価で安心な家事支援サービスを利活用できる環境整備を図ること」を掲げている。

これを受けて協議会では、事業者の取組指針となる「家事支援サービス事業者ガイドライン」を策定し、今後は事業者認証制度などを作成し、より安心して利用できる枠組づくりに注力していく。

さらに、高橋さんは今後国に対して、日常の生活を支援する「暮らし向上支援バウチャー」や税制控除のようなものを国に提案していくという。2010年から実施された「子ども手当」は金銭で支給されたが、東北大学の調査によると73.4%の世帯が「(子どもの生育環境は)実質的にあまり変わらない」と回答している。

「育児から介護まで、経済が新たなフィールドで動く時代になった。日本はこれまでトラブルが起こらないと対処してこなかったが、これから大事なのは『暮らし向上』に着目して、平常時に少しずつ『暮らし』という単位のサポートをすることだと思います」

日本再興戦略は女性の力を「我が国最大の潜在力」とし、これを最大限発揮できるようにすることは「家庭や地域の価値を大切にしつつ、社会全体に活力を与えることにもつながる」としている。足元の家庭や家事、暮らしの見直し・支援・向上がもたらすものは、思いがけなく大きいものになるかもしれない。

あわせてよみたい:出産女性が仕事を続けないのは「おじさん管理職」のせい?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。