ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安全はお金で買うべきか?激安LCCの秘密とデータで見る安全性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Eika Akasaki「ロシアのウラジオストクで北朝鮮。二泊三日

TRiPORTライターのレティです。
近頃、LCCに関する様々話題が飛び交っています。なかには危険をほのめかすようなニュースもあるので「LCCって何かよくわからないけど、不安なので乗りたくない」と思う人も増えている気がします。しかし、LCCは本当に危ないものなのでしょうか? LCCの航空券があまりにも安いので「安全性が欠ける」と思い込んでいる人も少なくないようです。今回は、そんなLCCの真相を探ってみたいと思います。

安さの秘密

LCCとは「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略称で、低価格でサービスを提供する航空会社を指します。最初のLCC航空会社はアメリカで誕生しましたが、現在はアイルランドのライアンエアー、イギリスのイージージェット、マレーシアのエアアジアなど、様々な国に存在しています。また、大手航空会社がLCC事業に参入するケースも少なくありません。

LCCの飛行機は40年前から世界の空を飛び続けていますが、最近は事故が起こり、評判が悪くなりつつあります。

「格安航空会社はリスクが大きいので使いたくない」
「激安航空券はインチキくさいので買おうとは思わない」
「格安飛行機は安全面での不安があるから乗りたくない」

という声もあるようですが、それは真実なのでしょうか? 実は安全面でいうと、格安航空会社でも大手航空会社と変わらないようです。パイロットや乗務員などは、国家が認めた資格を持ち、しっかりと訓練を受けています。もちろん、LCCであろうがなかろうが、基準が変わることはありません。また、LCCには新型機も比較的多いため、安全性が極端に劣ることはないと言えるでしょう。

ではなぜLCCの航空券はこんなにも安いのでしょうか? そこには様々な場面でコストが削減されていることが関係しています。まず、LCCの飛行機では、機内食などのサービスが無料ではありません。食べ物だけではなく、飲み物、毛布、機内での映画等のエンターテイメントも有料となっています。

また、荷物の重量も制限されているため、規定された重量を超えると追加代金が求められます。さらに、場合によっては基本料金に預け荷物代金が含まれていないことも多く、スーツケースを預けたいときは、別途で追加料金を支払う必要があります。それ以外にも、LCC航空会社ではインターネットなどを利用した航空券の直接販売、契約社員の活用などによってコストの削減を図っています。

Photo credit: 明天会 比今天 更好「運賃ゼロ円AirAsiaで行くコタバル コタ・キナバルちゃうで

データ上、LCCは危険ではない

安全はお金で買うものだと思っている人や、安いチケットは何となく危険だというイメージがある人も少なくないでしょう。しかし、大手航空会社が格安航空会社より安全だという証拠はどこにもありません。たとえば、Airline Ratingsの航空会社安全ランキングを見てみると、アイルランドの格安会社ライアンエアーは32位、アメリカのサウスウェスト航空は21位、イギリスのイージージェットは17位となっています。

また、全体のデータ(※)を見てみると、ここ20年間は航空事故が減りつつあるようで、2014年はもっとも死亡事故が少なかった年になりました。そのデータによると、格安会社の事故が多いわけではないことが明らかなので「LCCが危ない」という考えは、ただの思い込みだと言えるでしょう。

※参照:Aviation Safety Network

Photo credit: Eika Akasaki「ロシアのウラジオストクで北朝鮮。二泊三日

さいごに

どのサービスを利用するか決めるのは消費者であり、その決断をするためには情報を集める必要があります。航空券を予約するときにはLCCのメリットとデメリットを一度よく考えてみてください。最終的にLCCの飛行機に乗るかどうかはあなた次第ですが、その判断するときに「LCCが安い理由は安全性が欠けているわけではない」という事実だけは忘れないで欲しいです。

(ライター:Letizia Guarini)

LCCのメリット&デメリットとは?活用するための4つの心得
旅の準備を早く簡単に!格安航空券が簡単に予約・購入できるサイト 12選
LCCで安くて楽しいヨーロッパの旅に出よう!- easyJetでチケットを予約・購入する方法 -

関連旅行記

*明天会 比今天 更好「運賃ゼロ円AirAsiaで行くコタバル コタ・キナバルちゃうで
*Eika Akasaki「ロシアのウラジオストクで北朝鮮。二泊三日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP