ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年卒の就活戦線は「中小企業志望者」が増加傾向 就活の「後ろ倒し」も影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活ナビサイトのマイナビが2016年卒業予定の学生1832人に、現在就職活動をしている企業の規模を尋ねたところ、53.8%が「大手企業中心」と回答した。

一方で「中小企業中心」と回答したのは23.6%。2014年12月の前年度調査と比較すると、大手企業志望者数が7.8ポイント減少したのに対し、中小企業の志望者数は4.3ポイント増加している。

志望企業を選ぶ際に注目するポイントを尋ねたところ、「社員の人間関係が良い」「企業経営が安定している」「自分が成長できる環境がある」が上位に。これを受けて調査元では、2016年卒就活生の志向をこう分析している。

「単純な『企業規模』だけではなく、人間関係や経営状況など働く環境にも目を向けつつ、企業を選択しているようだ」

ベンチャーと大手の両立は「長期戦」になるから?

中小企業志向が増加した背景には、今年から始まった「就活の後ろ倒し」の影響もあるようだ。2015年3月16日号の「AERA」は、「大企業へエントリーせず就活終了? 学生変化の理由」という記事で、早大3年の女子学生を取材している。

この学生はすでにITベンチャーから内定を得ており、その時点で就職活動を終了してしまおうと考えた。まだ可能性の残されている大手企業の選考を、思い切って見送ろうというのだ。

経団連に加盟していない中小やベンチャー企業には、経団連の「後ろ倒し」は関係がない。ベンチャーで内定を得た学生が、あわせて大手企業の採用選考を受けようと思えば、就活期間はかなりの長期戦となる。これを負担や面倒だと思う学生もいることだろう。

記事中の学生も、「ベンチャーと大手が同時期に採用していたら、大企業にも全力を尽くしたと思います」と明かしつつ、「内定があるからもういいや」という気持ちが沸き起こっていることを認めていた。

あわせてよみたい:2016卒の就活生「内定もらった」3.8%
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP