ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「クールジャパン」の象徴と持て囃される日本酒。なかでも国内外で注目を集める「獺祭」(だっさい)の蔵元である旭酒造の桜井博志社長(64)は、いかにしてブームの牽引役となり得たのか。ノンフィクションライター・高川武将氏が迫る。

 * * *
 口に含むと、さらりとした口当たりで華麗な甘みが広がる。ごくりと呑み干すと、雪が溶けるように消えてなくなった。鼻腔に芳醇でフルーティな香りだけを残して。

 純米大吟醸酒『獺祭 磨き二割三分』。不思議なほどの後味の良さに、旭酒造の敷地内にある直売店で、一杯100円の試飲を何度も試した。注文に生産が追いつかず、入荷は2か月待ちで、この日も直売店でさえ売り切れていた。

 山口県岩国市周東町獺越は、山と川とまばらな民家のほかには何もない、本当に獺が出てきそうな過疎地だ。直売店の目の前には、工事中の12階建てのビルが聳え立ち異彩を放つ。

 この本蔵が完成すれば、生産能力は現在の1万5千石(*1石=10斗=1800リットル)から一気に5万石に増える。設備投資にはこの5年で約50億円をかけている。

「品不足を解消したいんです。お客様に美味しいと言って貰いたいのに、中々買えないのは申し訳ないですから」

 社長の桜井博志はにこやかにそう言った。紺のジャケットに白いジーンズ、足元には赤い靴下。今年65歳になるとは思えないほど若々しい。

 奇跡の酒と言われる。獺祭はこの5年間毎年30%近く売り上げを伸ばし、年商はこの10年で約13倍の49億円(2014年)。全国の日本酒消費量がピーク時の3分の1に激減している中で、純米大吟醸の分野で一人勝ちの感さえある。だが、かつて旭酒造は倒産寸前の危機的状態に喘いでいた。

 なぜ、桜井は奇跡を起こせたのか。そこには革命的な酒造りの手法がある。日本酒は室町時代から杜氏たちによって造られてきた。蔵元は酒造りに口を出さず売ることに徹するのが、業界の常識である。だが桜井は経験や勘に任せきりだった製造工程を次々と刷新した。それは一見、伝統を捨てたようにも見えるが、桜井は一笑に付す。

「よく捨てる経営なんて言われますけど、そんな格好いいものじゃない。目の前の危機をいかに乗り切るか。しつこく、女々しく(笑)、諦めずに、しがみついてやってきた結果なんです」

 日本酒造りの革命は逆境の連続から生まれた。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
純米酒と清酒の違いなど酒造技術指導者が酒造りを解説した本
日本酒『獺祭』 パリに直営店出店予定など積極的な海外戦略
【被災地定点観測】酒造跡地は更地に 新天地での営業再開へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。