ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東日本大震災前にも同じことが・・・】茨城県の海岸に「イルカ160頭」が打ち上げられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150411_news-earthquake-dolphin

2015年4月10日午前、茨城県鉾田市上沢地区の海岸で、大量のイルカが打ち上げられたことがニュースになりました。

その数、約160頭。そのほとんどが「カズハゴンドウ」というイルカの種類だそうです。

この海岸では毎年数頭は打ち上げられるということですが、こんなに多いケースは前例がないと言います。

衰弱している多くのイルカは安楽死させる方針で、元気なイルカは海に帰すため、救助活動を進めているようです。一体なぜこんな異常現象が発生したのでしょうか?

大地震が発生する?
東日本大震災前にも、
イルカが打ち上げられていた

このニュースを受け、大地震が発生するのでは?と心配する声がインターネット上に溢れています。

実は、東日本大震災が発生した2011年3月11日のちょうど1週間前にも、茨城県鉾田市のすぐ隣の鹿嶋市の海岸に約50頭のイルカが打ち上げられているのです。そしてこの時も「カズハゴンドウ」という種類でした。2011年、ニュージーランドで起きたM6.3の地震の前にも、100頭ほどのイルカが打ち上げられたそうです。

専門家によれば、地震とイルカの打ち上げは関係ないとされています。

 

ゲリー・ボーネル氏の予言
あなたは信じますか?

イルカのニュースとは別に、経営コンサルタントとして有名なゲリー・ボーネル氏が日本の地震に対してある予言をしていることをご存知でしょうか。

彼は、

「2015年4月12日にM7規模の東海大地震が発生、一週間後には東京直下型大地震が起こる」

と、予言しています。

今までに、阪神淡路大震災、9.11同時多発テロ、東日本大震災を予言してきたと言われる人物。信じるか信じないかはあなた次第。

もしものために・・・

イルカの打ち上げをどうとらえるか、そして彼の予言を信じるかどうかはあなた次第ですが、いずれにせよ緊急時の備えは万全にしておく必要があるでしょう。

東日本大震災から4年の月日が経った今、災害に対する意識を今一度引き締めてなくてはいけないのかもしれません。

 Reference:rt.combreaking-news, naver matomeyoutube

関連記事リンク(外部サイト)

スマトラ沖地震から生き残り、「サンダル」で億万長者になった兄弟
「希望の凧」が2つの空を舞う。復興を願い釜石市とガザで合同凧揚げが開催
レディー・ガガ、オバマ大統領、テイラー・スイフト。2011年3月11日、世界中から寄せられた、被災地へのメッセージ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。