ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月曜日を気持ちよく迎えるために、週末にやるべき「10のコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは週末に、どんなことをして過ごしていますか?

「休日」という名前の通りゆっくり休むのもいいですが、次の1週間を実りあるものにするための準備、と考えてみてはどうでしょうか。

「週末にやるべきこと」なんていうと身構えてしまうかもしれませんが、今回紹介するのはどれも気持ちよくやれることばかり。ぜひ心も体もリセットして、とっても素敵な1週間をスタートしませんか。

 

01.
あえて
平日よりも早く起きる

週末のイベントで朝から開催されるものは、ほとんどありません。もし7時から8時の間に起きることができれば、1日が動き出す前から、数時間自分のために何かをする時間が持てます。

仕事までとは言わずも、コーヒーショップでこれからのことを考えたり、先週の振り返りをしたり。朝の方が頭が冴えているので、思いがけないアイデアを思いつくかも。

02.
朝に、
思いっきり汗をかく!

アメリカの医療健康情報サイトWebMDによると、エクササイズには、健康的な人はもちろん、がんや心臓病で体力が低下している人の、エネルギーレベルを高めて疲れをとってくれる効果があるようです。

ランニングするもよし、ジムで筋トレもよし、トレッキングに家族と出かけるもよし。仕事のストレスを発散して、月曜日に備えましょう。

03.
スマホとSNSから
解放される

平日は仕事などでどうしても使ってしまうスマホやSNS。週末だからこそ、思い切って、1日機内モードにしてみてはいかがでしょうか。家族や友だちと一緒に、オフラインのコミュニケーションをしてみてはいかがでしょうか。

04.
ランチは
同僚や家族以外の、新しい人と会う

つい、いつも一緒にいる仲の良い友達や同僚と週末もつるんでしまいがち。週末は新しい人と出会えるチャンスなので、今までいったことのないコミュニティにいってみてはいかがですか。

同じ趣味で集まるサークルや、バーの飲み仲間でも良いかも知れません。新しい人と触れることで今まで自分では持たなかったような視点が手に入ったりします。

05.
15分間の瞑想タイム
自分を知るための時間

自分自身を一歩引いた視点で、見つめ直す時間。瞑想には、そんな効果があります。空の上から自分を俯瞰して見るような感覚で、日常から15分だけ離れてみましょう。抱えていた悩みに対するアイデアも生まれてきて、週明けに備えられるかもしれません。

06.
キッチンをキレイにする

同じように洗い物がたまっていれば、まとめて洗い物をしましょう。何かをキレイにするという活動は、心のリフレッシュにとても効果的。

このときにシンクの汚れなども磨き上げ、ピカピカにしてしまいましょう。輝く銀色を見ているだけで心がウキウキしてきませんか?

07.
必要ないものを捨てて
ゴミ箱を空にする

先週ムダに買ってしまったものはないでしょうか。もしあれば、倉庫にしまうのではなく捨てるか、寄付してはいかがでしょう。断捨離は、心と頭をスッキリさせてくれます。そして次からはムダに買ってしまわないよう、考えてみてください。

08.
カップルで
料理をつくる

せっかく時間がある週末なので、外食ではなく料理をしてみてはいかがでしょうか。

以前TABI LABOで取り上げましたが、料理をつくるカップルは仲良くなるとか。お互いをさらに知れたり、一緒につくる体験が楽しい思い出になります。ぜひ、週末にカップルで料理を一緒につくってみてはいかがでしょうか。

参考記事:(料理を一緒につくるカップルが、仲良しな「7つのワケ」

09.
非日常体験
小説を読んだり映画を観たり

実用書や専門書を平日に読むことが多ければ、週末は小説を読んでみましょう。映画もそうですが、架空の人物の物語を追体験することで、普段の自分とはちょっと違った視点で世界を眺めることができます。

ちょっとした娯楽にもなりますし、案外そういったことが新しい仕事を成功させる鍵になったりするものです。

10.
2つの優先リストをつくって
やるべきことを見極める

今週の仕事を振り返った後で、次の1週間のTo Doリストを作ってみましょう。本当に大切なものを見極めるために、ウォーレン・バフェットも実践している生産性アップのやり方をご紹介します。

次の1週間で何をやるべきか10個リストアップしてみましょう。その中から優先度が高いものを3つ、低いものを7つピックしてください。両方とも同時に手をつけるのではなく、優先度が高い3つにまずは集中して、残りの7つはそれが終わってから手をつけましょう。

11.
長めのお風呂に入る

いつもはシャワーで済ませている方も、週末は長めのお風呂で、体にたまった疲れをゆっくりとっていきましょう。冷え性の方には、ぬるめのお湯に長時間つかる半身浴もオススメです。

日曜日の夜に、週末がムダに過ぎていった・・・。と、イライラしたり落ち込む必要はありません。何も考えずにぼーっとするのも、疲労を取るには必要かもしれません。

もしかしたら疲れているあなたに最も必要なのは、計画的にぼーっとする時間をとることかも知れません。

関連記事リンク(外部サイト)

デキる人は知っている!毎日を楽しくするため、週末にするべき「10のコト」
世界中から「最高の授業」を届ける -高原大輔・聡子-
みんな違って、みんないい。あなたが変えるべきではない「6つのコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP