ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片平里菜、『月刊 風とロック』103号の表紙に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

片平里菜が4月18日(土)からタワーレコード全国28店舗で配布される『月刊 風とロック』103号の表紙を飾る事が決定した。
「月刊 風とロック」103号 (okmusic UP's)

サントリーチューハイ「ほろよい」のCMに二階堂ふみ、成海璃子、野村周平、渡辺大知と共に出演し、より一層注目が高まっている片平里菜。

表紙では石井麻木撮影による福島選抜チームのユニフォーム姿、ヘルメットをかぶったキュートな横顔が印象的な写真が掲載されている。既に今年の風とロック芋煮会への出演もフライング発表されており、今年もどんなドラマが生まれるのか? 今から楽しみだ。

また、来月5月9日(土)から全国12箇所で「片平里菜 弾き語りワンマンツアー2015〝最高の仕打ち〟」がスタートする。その他にも「ACO CHILL’15」等イベント出演も続々決定しているので、オフィシャルサイトを随時チェックしよう。

『月刊 風とロック』
◇第一特集
昨年、郡山総合運動場 開成山野球場で開催された「風とロック芋煮会」。9月26日、渡辺健二(スネオへアー)さんも一般参加した入団テスト。27日、増子直純監督率いるミュージシャン選抜 VS 箭内道彦監督率いる観客選抜。28日、レキシ選手がMVPを獲得した、ミュージシャン選抜 VS 渡辺俊美監督率いる福島選抜の試合。みなさん本気で挑まれていながら、終始笑顔に溢れていた芋野球。26日夜に開催された「歌本ミッドナイト」も含め、当日、会場に来られた方も、来られなかった方もワクワクしてしまうような、普段絶対見ることができない貴重な写真で埋め尽されています。
撮影:石井麻木

◇第二特集
ついにテキスト化。2014年、ゴールデンウィークの表参道ヒルズで開催された「箭内道彦 月刊 風とロック展~愛と伝説のフリーペーパー、その神髄~」から、〈生〉風とロック 伝説編 松岡修造 × 箭内道彦 
撮影:箭内道彦

◇第三特集
平井理央さんの初ライブ撮影による、怒髪天

◇配布は、タワーレコード下記店舗にて。
【TOWER RECORDS】渋谷店/新宿店/札幌ピヴォ店/仙台パルコ店/郡山店/池袋店/秋葉原店/吉祥寺店/町田店/川崎店/横浜ビブレ店/浦和店/千葉店/津田沼店/静岡店/名古屋パルコ店/名古屋近鉄パッセ店/梅田マルビル店/難波店/梅田NU茶屋町店/京都店/大津店/神戸店/広島店/福岡パルコ店/長崎店/大分店/那覇リウボウ店

■詳細
http://blog.magabon.jp/kazetorock/2015/04/_103.html

シングル「誰もが / 煙たい」
発売中
【通常盤】(CDのみ)
PCCA.4176/¥1,200+税
※封入特典 :「煙たい」弾き語りコード譜
【完全生産限定ライブDVD盤】(CD+DVD)
PCCA.4175/¥2,300+税
※封入特典 :「誰もが」弾き語りコード譜
<収録曲>
■CD
1. 誰もが
2. 煙たい
3. 東京の空に乗って
■DVD(完全生産限定ライブDVD盤のみ)
2014/7/11「自由学園明日館講堂」弾き語りライブ映像7曲収録(マイク・スピーカー無し生声ライブ)
01. 夏の夜
02. 心は
03. tiny room
04. CROSS ROAD
05. Come Back Home
06. amazing sky
07. 女の子は泣かない

「片平里菜 弾き語りワンマンツアー2015〝最高の仕打ち〟」
5月09日(土) 大阪 BIGCAT
5月24日(日) 札幌 cube garden
6月12日(金) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
6月19日(金) 石巻 BLUE RESISTANCE
※GUEST:堂島孝平
6月20日(土) 大船渡 FREAKS
6月21日(日) 宮古 KLUB COUNTER ACTION
※GUEST:堂島孝平
6月26日(金) 名古屋 Electric Lady Land
7月03日(金) 高松 DIME
7月05日(日) 広島 Club Quattro
7月10日(金) 熊本 Arbaro
※GUEST:平井正也
7月12日(日) 福岡 住吉神社能楽殿
※生声LIVE / GUEST:ワタナベシュウヘイ
7月19日(日) いわき club SONIC iwaki

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
片平里菜 オフィシャルHP
片平里菜、新潟・三条別院本堂にて圧巻の生声フリーライブを開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。