ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナイフが蓋に!1回分使用の“マイ・バター”パッケージが秀逸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新人のためのデザイン・ショウケース「LEXUS DESIGN AWARD(レクサス・デザイン・アウォード)」にて公開された韓国人デザイナー、Yeongkeun Jeon氏の作品が、世界のデザイン系サイトにて人気のようだ。

Jeon氏が手掛けたのは、“持ち運びできるバターセット”「butter!better!(バター・ベター)」。

1回分のバターが入ったパッケージのフタが木製のバターナイフになるという画期的なアイデアは、彼が友人とピクニックに出掛けたときに、バターナイフを忘れたことがきっかけだったそう。

「バター・ベター」の構想の中には、“プレーンなバター”のほかに、“チョコレート”や“ハニー”“ストロベリー”“ピーナッツ”など4つのフレーバーも含まれているようで、それぞれのパッケージ・イメージも公開されている。

確かに、この“1回分セット”があれば、焼き立てのパンを購入したあと、公園かどこかですぐバターをつけて楽しむことができるし、衛生的にも優れていると言えそう。

フタはのり付けされているので、持ち歩くときにバッグの中でフタが開く心配もない。

これからは“マイ・七味”や“マイ・ソルト”ならぬ、“マイ・バター”が当たり前の時代になるかも!?

どこかのバター・ブランドと提携して商品化してくれることを強く望む!

tumblr.(Yeongkeun Jeon)
https://www.tumblr.com/search/yeongkeun%20jeong

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP