体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

17歳で老衰した高校生、サム・バーンズの感動スピーチ。「幸せに生きるための、3つの哲学」

150409_ted-philosophy-happylife

全身の老化が通常の10倍の速さで進行する難病、プロジェリア症候群。脳は正常に成長するため、体の老化とのギャップに苦しめられる病です。

そんなプロジェリア症候群と共に生きたサム・バーンズ氏(17)がTEDxMidAtlanticで行ったスピーチをご紹介します。数々の苦難を乗り越え、人生を誰よりも全うした彼が「幸せに生きるための3つの哲学」を私たちに教えてくれた。

彼が伝えたいことをまとめると、

01.できないコトを、諦める

この世界にはできることもたくさんあるということ。自分の心の中で「できること」と「できないこと」を区別していくことが大切だと彼は語っています。

「多くの人に”病気が辛くないか”と聞かれます。もちろん、辛いし、僕にはどうしようもないことですが、日常生活には楽しいこともあります。例えば、漫画の発売日、スポーツ観戦、音楽。出来ないことは沢山ありますが、できることもあることを忘れてはいけません」

02.愛する人と共に生きる
大切さを知る

彼はスピーチの中で、愛する人が周りにいることの大切さを語りました。

「誰にでも大切な人がいます。家族、友人、恩師、周囲の人々は、貴方に素晴らしい影響や、人生におけるプラスの時間を与えてくれます。このスピーチを聞いた方が、そういう方々への愛情を深めてくれることを願っています」

03.常に前進し続けることが必要

過去を振り返らずに、常に前に前進し続けることが大切。

ウォルト・ディズニーはこう語りました。

「ディズニーでは、過去を振り返らずに常に新境地を開拓し続ける」

私は常に、人生を豊かにするような楽しみや目標を持つようにしています。それは大きなことでなくてもいいんです。そのおかげで、私はいつも明るい未来に集中してきたから、困難を切り抜けることができたのです。

自分に同情して、エネルギーを無駄にしてしまうことがないように気を付けています。気分が優れないときには、その問題を受け入れましょう。そして、それを乗り越えるために必要なことをするのです。

誰もが勇気を与えられる名スピーチを、ご紹介します。

私はプロジェリア症候群
でも、とても幸せな人生を送っています

こんにちは、私の名前はサムです。17歳になったばかりの高校生です。高校に入学する前、マーチングバンドでスネアドラムを叩きたいと思っていました。それが夢でした。

しかし、スネアドラムとそれにつけるハーネスは、それぞれ18キロもあります。私はプロジェリア症候群で、今体重は23キロしかありませんから、それを運ぶことは無理でした。

だから、バンドの指導者は私に他の固定された打楽器を演奏するように割り当てました。ボンゴやティンパニー、ティンバレスなどもあって、楽しいは楽しかったです。でも、私の夢はスネアドラムを叩くこと。その気持ちは誰にも止めることができませんでした。

私と家族はエンジニアと協力し、より軽く、私でも運びやすいハーネスをデザインしてくれました。努力を重ねた結果、たった3キロのスネアドラム装置を作ることができました。

さて、少しプロジェリア症候群について説明させてください。今日、全世界で約350人の子どもたちがプロジェリア症候群を患っています。とても珍しい病です。皮膚の老化、体重が増えない、身体が発育しない、そして心臓病などの症状があらわれます。

昨年、私の母と科学者のチームが世界初の成功となるプロジェリア治療研究を発表しました。そのおかげで私はラジオ局にインタビューを受け、ある質問をされたんです。

「みんながあなたについて知っておくべき、最も大事なことは何ですか?」

私の答えはとてもシンプルなものでした。

「私はとても幸せな人生を送っています」。

自分に出来ることを、全力でやる

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。