ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今どき“コンビニ晩酌”のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気温がぐんぐんと上昇していくこれからが、ビールのおいしい季節本番! ビアガーデンオープンのニュースを見聞きしてもうソワソワしている…という人も少なくないのでは? お店でワイワイと楽しむビールもおいしいものの、しかし、今年はぜひ近所のコンビニで買ったビールを自宅で楽しむ“コンビニ晩酌”のチャレンジをオススメしたい。というのも、最近コンビニで販売されている「クラフトビール(職人が造り出す高品質なビール)」といわれるジャンルが盛り上がりを見せているからだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

たとえば、3月に登場したサントリーの「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」。チェコやその周辺国で収穫した希少な「ダイヤモンド麦芽」を使用し、手間と時間をかけ、麦汁抽出ための煮沸工程を3度繰り返す「トリプルデコクション製法」、ビールの本場チェコに伝わる伝統的な「銅炊き仕込み」を採用するなど、「まだ世界のどこにもない、心が震えるほどにうまいビールをつくりたい」という醸造家たちの想いが込められたビールなのだとか。

また、コンビニで買えるクラフトビールの定番と言えばキリンビールの「グランドキリン」シリーズだ。2012年の発売以降、「ビールの美味しさはひとつではなく、多様な美味しさがある。気軽に個性を楽しめ、ビールを趣味と呼べる人を増やしたい」という醸造家の想いのもと、様々なタイプのビールが発売されてきた。スタンダードな商品は、上質な苦みと深みある香りがしっかりと感じられるラガータイプの「グランドキリン」と、華やかな香りが飲み始めから後味の余韻まで楽しめるエールタイプの「グランドキリン ジ・アロマ」の二つ。グランドキリンはドイツ産「ヘルスブルッカーホップ」、グランドキリン ジ・アロマはアメリカ産「ブラボーホップ」という希少で高品質のアロマホップを使用し、ビールの魂といわれるホップを通常の仕込み段階での使用に加え、さらにひと手間かけたホップを発酵中に漬け込む「ディップホップ」製法を採用しているのが特徴だ。4月から両商品のリニューアルと販路拡大に踏み切るなど、力を注いでいる。

いずれも、一般的なビールにはない深い味や香りが特長的なので、家でゆっくり楽しむ晩酌にはぴったりなのだが、加えて“コンビニ晩酌”のいいところは、そんなクラフトビールに合うおつまみを、コンビニの豊富な商品群のなかから探す楽しみがあるという点だ。ちなみにキリンビールの醸造家によると、「グランドキリン」には、特徴的な苦みに合わせたビターチョコ、「グランドキリン ジ・アロマ」には、その甘さをより引き立たせてくれるチーズケーキと、スイーツとの飲み合わせがいいそうなので、ぜひお試しいただきたい。

一日の終わりはコンビニに寄り、クラフトビールとおつまみで自分好みの時間を過ごす…。“コンビニ晩酌”が、ビールの楽しみ方に新たな道を開いてくれそうだ!
(R25編集部)

今どき“コンビニ晩酌”のススメはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。