ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週休4日の「ゆるい就職」で8人の若者が勤務開始 会社側は「使い方のコツ」を模索

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「週休4日で月15万円」の派遣社員や契約社員の仕事を紹介――。そんなコンセプトで話題になった就職サービス「ゆるい就職」に参加した若者たちが、実際に働き始めている。

昨年秋にマッチングイベントが行われたときには、「週3日で将来に向けたキャリアが築けるのか」「結局非正規じゃないか」とネットで批判もあがったが、企業はどう活用しているのだろうか。話題のサービスのその後を追った。
「週3日が2人で30万円」なら費用対効果は高い

企業オフィス向けに野菜の宅配補充サービスを展開するKOMPEITO(東京・千駄ヶ谷)は、「ゆるい就職」から営業職を1人採用した。同社代表の川岸亮造氏は採用に至った経緯について、元々営業担当者を探していたが、雇用コストが問題になっていたと明かす。

「週5日フルタイムで1人雇うと、少なくとも25万円はかかります。それだったら週3日・15万円の人を2人雇って、30万円で延べ6日働いてもらった方がパフォーマンス的にもいいと思いました」

元々同社はベンチャー企業ということもあり、他の仕事を掛け持ちしながら「ハーフコミット」という形で参加している従業員も珍しくない。週3日勤務で、ミーティングでしか顔を合わせない人もおり、フレキシブルな働き方ができる下地があったようだ。

週3日で15万円という賃金は、必ずしも安いとは言えないが、「働く日数ではなく成果ベース」で見ればペイしていると評する。ゆるい就職には昨年11月のマッチングイベントから参加し、5~6人と面接や食事をしたが、どの求職者も仕事に対して意欲的だったという。

今回採用した山口大貴さん(25)は大学卒業後、ベンチャー企業に就職するも3か月で退職。その後、IT企業で業務委託として働いていた、という経歴の持ち主だ。川岸代表は山口さんの「自分で考えて動ける」という点に惹かれて採用を決めた。

現在は契約社員として、月曜から水曜まで週3日働いてもらっている。「ゆるい就職」は正社員ではないため採用ハードルは比較的低いが、川岸代表は週3日勤務には会社側にも特有の難しさがあると指摘する。

「やはり企業側のマネジメントの力が問われます。週5日なら、『自分で仕事を探して』と言えますが、週3日だとそんな悠長なことを言っていられない。彼に何を任せるのか、しっかりと考えなくてはいけません」

明確な指示が必要「お説教に割ける時間ない」

山口さんに頼んでいる営業は、数字で目標を立てることができるので「1か月で○社回る」といった形で働き方を示しやすい。逆に、何かに特化するわけでもなく「なんでもやりたい!」といったタイプの方が、仕事の任せ方が難しくなるという。採用から3か月が経過した時点での感想について、こう話していた。

「『もうちょっとできるんじゃないか?』と思うところはまだありますが、今後に期待しています。週3日のため、お説教に割ける時間はありませんので、自分で考えて成長してもらえれば」

キャリコネニュースは、山口さんにも話を聞いた。現在の営業の仕事にはやりがいを感じており、「最近はやらされている感ではなく、もっと働いて成果を出したいという思いも出てきました」と語る。

元々、地元岐阜の町興しをしたいという思いがあり、当初は週休4日を使って、岐阜でウェブメディア制作の講習を開くのが目標だった。他にも仕事を掛け持ちしているため、今はまだ自分のプロジェクトに本腰を入れることができていない。

しかし、KOMPEITO社で企業経営を間近にみることができ、改めて「自分で事業を立ち上げたい」という思いを抱いた。

「まずは自分の納得ができる働き方をしながら、安定した生活を送れるように自分の力でお金を稼いでいきたい。そして、将来的には独立して地方を周りながら色々なところで仕事がしたいと考えています」

他の就職先はITベンチャーや学習塾など

「ゆるい就職」は「ニート株式会社」を手がけたことで知られる慶應義塾大学特任助教の若新雄純氏が企画。人材ベンチャーのビースタイルが運営している。大学卒業後いきなり週5日働くのではなく、まずは週3日働いて残りの休日で将来を模索する、というのが趣旨だ。

新卒から25歳くらいまでの若者が対象で、昨年秋に実施した企業とのマッチングイベントには約80人が参加。計8人の就職先が決まった。

運営に携わるビースタイルの宇佐美啓氏によると、就職先が決まった他の参加者は現在ITベンチャーや学習塾などで働いている。バリスタになって自分のカフェを開くという夢を叶えるため、ゆるい就職で働きながら模索し、3か月で「卒業」した人もいるという。

参加企業も今回のKOMPEITO社のように柔軟な働き方を認めているケースが多いといい、週3日の労働力をうまく活用できているようだ。宇佐美氏は、

「元々『ゆるい就職』は、世の中一般で言われている働き方だけでよいのかという問題意識から生まれました。就職することができたとはいえ、このプロジェクトを成功させるのはあくまでも参加者一人一人。週3日で働きながら、それぞれが自分なりの価値観や生き方を構築していって欲しい」

と話していた。

あわせてよみたい:ゆるい就職が初のマッチングイベントを開催
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP