体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで結婚式? 大家さんと入居者の「はじめての共同作業」って?

まるで結婚式?大家さんと入居者の「はじめての共同作業」って?(写真:iStock / thinkstock)

賃貸物件の大家と入居者。部屋を貸し借りする間柄であるにも関わらず、その関係性はけっこう希薄だったりします。ヘタすると契約期間中ただの一度も顔を合わせたこともなければ、話をしたこともないなんてケースもザラですよね。

そんななか、そうした業界の風潮に風穴を開けるかもしれない取り組みが、川崎市の賃貸物件にて行われました。なんでも、入居前にとある「共同作業」を行うことで、最初から両者の絆をガッチリつくってしまおうという試みなんだとか? 果たしてどんなものなんでしょうか? 現地に潜入してみました。共同作業でつくりあげる賃貸物件

件の物件は、神奈川県川崎市にある築9年の一般的な賃貸マンションなのですが、最大の売りが「カスタマイズ」、つまり入居者が部屋の内装や設備を自分好みにカスタマイズできる付加価値が付いているわけです。

こうしたカスタマイズ賃貸自体は少しずつ増えつつありますが、ここが珍しいのは「施工」を大家と入居者が“一緒に行う”という点。その他の一般的なカスタマイズ物件だと、入居者が契約後に内装や設備をチョイスし、施工業者がリフォームをしてから引き渡すというパターンが多く、改修作業自体に入居者が関わるというケースは稀。なるほど、これはユニークな試みです。

入居者としては自ら改修作業に携わることで物件に愛着も湧きますし、大家さんとの関係性もつくれるわけで、一石二鳥ということなのかもしれません。

では、さっそく「はじめての共同作業」の模様を見てみましょう。

【画像1】こちら入居者のMさん(写真中央)。顔出しNGということで鏡越しにご登場願いました(写真撮影:榎並紀行)

【画像1】こちら入居者のMさん(写真中央)。顔出しNGということで鏡越しにご登場願いました(写真撮影:榎並紀行)

【画像2】そんなMさんを見守る大家の石井さん(写真撮影:榎並紀行)

【画像2】そんなMさんを見守る大家の石井さん(写真撮影:榎並紀行)

この日は大家の石井さん、入居者のMさん(20代・女性)のほか、リフォームの施工業者さん、ペンキ屋さんが集結。カスタマイズビギナーの入居者をサポートすべく、万全の体制です。なお、Mさんの持ち場は壁。自ら塗料を調合し、居室の壁全体を塗り上げていきます。

【画像3】まずは調合から。少しずつ塗料を加えながら、理想の色に微調整(写真撮影:榎並紀行)

【画像3】まずは調合から。少しずつ塗料を加えながら、理想の色に微調整(写真撮影:榎並紀行)

【画像4】「師匠、どうっすか?」(写真撮影:榎並紀行)

【画像4】「師匠、どうっすか?」(写真撮影:榎並紀行)

【画像5】ペンキ屋さんによる指導を受け(写真撮影:榎並紀行)

【画像5】ペンキ屋さんによる指導を受け(写真撮影:榎並紀行)

【画像6】満を持して、はじめての左官作業(写真撮影:榎並紀行)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。