ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクエニ、スマートフォン・タブレット向けファイナルファンタジーVIIIを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スクウェア・エニックスがファイナルファンタジーシリーズ 8 作目となる「ファイナルファンタジーVIII」のスマートフォン・タブレット向けの配信をクラウドゲームサービス「DIVE IN」で開始しました。DIVE IN のクラウド版では、2014 年に発売された PC 版をベース、全シーンが高速で進行する高速モードやHP / ATB が常時最大になるバトルアシスト、魔法の個数が 100 に、ギルが最大値になるといった初心者・楽したい人向けの要素が追加されています。ゲームは、DIVE IN 専用アプリ「DIVE INビューワ」(Android / iOS)をインストールすることで利用できるようになります。ゲームの利用料金は期間ごとの「ゲームプレイ権」によって異なります。ゲームプレイ権のラインアップは、3 日間利用料 150 ~ 250 円+税、10 日間利用料 300 ~ 510 円+税、30 日間利用料 800 ~ 1,250 円+税、365 日間利用料 1,185 ~ 1,800 円+税。全タイトル 30 分間は無料で試せます。Source : Dive In 公式サイト


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S6 / S6 edgeの開封映像
Android版Firefoxのダウンロード数が1億回を突破
LG、「LG G Flex 2(H959)」にV10cのアップデートを配信開始、もっさロイド化を改善か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP