ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの創造力を刺激!ロボットを動かしながらプログラミング学習できる「Codie」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ITの浸透に伴い、プログラミングを学ぶツールも数多く展開されている。そしてこのほど資金調達サイトIndiegogoに登場したのは、子ども向けのプログラミング学習ツール「Codie」。

専用のアプリ(iOS、Android)で実際にコーディングしてロボットを動かすことができるというもので、成長に合わせてプログラミングを楽しめる内容になっている。

・カラフルなアイコンでシンプル操作

Codieは、ロボットとアプリから成る。ロボットは戦車のような形状をしていて、子どもがアプリで作成したコマンドを受けて動く。

プログラミングといっても、子どもでもわかるように、「90度右に回転する」「前進する」といったコマンドはすべてアイコン化されている。

このカラフルなアイコンを、指で動かしたり矢印でつなげたりすることでコーディングができるという、なんともシンプルなつくり。文字をタイプ入力したりする必要もなく、すべてスクリーン上での指の操作で完結する。

・年齢や目的で楽しみ方はいろいろ

また、ロボットをラジコンのように動かすだけでなく、ロボットのセンサーやブザーなどを使って目覚まし時計に早変わりさせるなど、年齢や目的、好奇心によってさまざまな楽しみ方ができるのも売りだ。

開発したハンガリー拠点のスタートアップによると、プログラミングの基礎を学べるだけでなく、子どもの創造性を引き出すのにも役立つという。

Indiegogoでのキャンペーンでは、169ドルの出資で入手できる(送料別途)。資金調達に成功すれば、11月の発送を予定しているので、時期的に子どもへのクリスマスプレゼントにいいかも?

キャンペーンは5月15日まで。

Codie/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。