体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第7回高校生ラップ選手権レポート! 覇者 MCニガリは何を語るのか

第7回高校生ラップ選手権レポート! 覇者 MCニガリは何を語るのか

「第7回 BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」
4月を目前に控えた3月29日(日)。東京・文京区にあるTOKYO DOME CITY HALLにて、高校生ラッパーの日本一を決めるフリースタイルMCバトルの甲子園「第7回 BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」が開催された。

BSスカパー!で放送中のバラエティー番組『BAZOOKA!!!』の1コーナーとして誕生した同大会だが、高校生ならではのエネルギッシュかつスキルフルなバトルが話題を呼び、第3回目よりイベント化。その後、会場の規模を拡大させながら、ついに史上最大となる3,000人規模のTOKYO DOME CITY HALLへと舞台を移した。

今大会では、大会史上初となる2連覇の期待がかかる、前大会優勝者・MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻さんや、HIYADAMさん、T-Pablowさんといった歴代王者を破りながらも、いまだ優勝を果たせぬままでいるEINSHTEINさん。

そして、5大会連続出場を果たし、第5回大会では準優勝を成し遂げたRACKさんなど、すでにファンからはお馴染みの人気高校生たちが出場。

RE_DSC_0267

ほかにも、言xTHE ANSWERさんやSNOZZZさん、S-MA BISKETさん、Rude-αさんなど、前大会で実力を見せつけたラッパー。さらには、大会初期の人気ラッパー・Willy Wonka a.k.a TAKAさんが、2年ぶりに、再びラップ選手権のステージに戻ってきたことも注目を集めた。

そんな熱戦の中、見事優勝を果たしたのは、MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻さん。ここでは、そんな「第7回 高校生RAP選手権」を振り返りながら、大会終了直後に行ったMC☆ニガリさんのインタビューを紹介する。

大盛況の試合を振り返る!

RERE_DSC_0418-(1)

「第7回 高校生RAP選手権」では、8小節2ターンで2人の高校生が交互に即興のラップでバトル。バトル後、5名の審査員によって勝敗が決められる。

今回は、大会委員長であるZeebraさんや、前回、的確で事細かな解説が好評だった、MCバトルのスペシャリスト・R-指定さんをはじめ、漢 a.k.a GAMIさん、鎮座DOPENESSさん、SIMI LABのMARIAさんが審査員を務めた。

まずは、MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻さんのインタビューの前に、印象的だった試合と決勝戦の模様をお伝えする。

RE_DSC_0377 RE_DSC_0304

白熱した名試合! RACK vs Willy Wonka a.k.a TAKA

RE_DSC_0537

Aブロック1回戦の中でも、審査員のR-指定さんが一番の山場だと評価したのが、RACKさんとWilly Wonka a.k.a TAKAさんのバトル。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会