ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SFの名作!『インターステラー』&『ゼロ・グラビティ』が二本立て上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『インターステラー』 / 画像は映画『インターステラー』オフィシャルサイトより
SF史に残る名作映画『インターステラー』と『ゼロ・グラビティ』が、4月11日(土)より、東京・高田馬場にある映画館・早稲田松竹で二本立て上映される。

『インターステラー』の上映形式は、映画好きにはたまらない35mmフィルム。本作はフィルムによって撮影されたが、国内では多くの映画館がデジタル移行していることもあり、ごくわずかな映画館を除いて、ほとんどがデジタルで上映された。

デジタルでは味わえない、35mmフィルムならではの、黒みの深みや温もりを感じさせる質感は必見だ。なお、『ゼロ・グラビティ』は2D上映。上映期間は4月17日(金)までとなっている。

SFの名作を映画館で堪能…!

4月8日に、DVD及びBlu-rayがリリースされ、再び注目を集めている『インターステラー』。監督をつとめているのは、SF超大作『インセプション』や、空前の大ヒットを飛ばした「ダークナイトシリーズ」で知られるクリストファー・ノーランさんだ。

2014年に公開され、繊密につくり込まれた科学ロジックや、あちこちに散りばめられた伏線を回収する怒濤の展開、そして何よりも親子のヒューマニズム溢れるドラマ性などが、多方面から大絶賛。2014年No.1と評価されるほどの大作として注目を浴びた。

一方の『ゼロ・グラビティ』は、「第86回アカデミー賞」監督賞をはじめ、全7部門で受賞を果たしたSF作品。手がけたのは、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などの監督をつとめた、メキシコ出身のアルフォンソ・キュアロンさんだ。

サンドラ・ブロックさんとジョージ・クルーニーさんのシリアスな演技や、思わず息をのんでしまう圧巻の宇宙空間の描写など、それまでのSF映画とは一線を画した作品として、高い評価を得た。

映画が紡ぐ、さまざまな人間模様に思い馳せながら、改めてこの2作品を早稲田松竹で堪能してみてはいかがだろうか。

引用元

SFの名作!『インターステラー』&『ゼロ・グラビティ』が二本立て上映

関連記事

クリストファー・ノーラン最新作『インターステラー』意味深なメッセージが
テリー・ギリアム最新作『ゼロの未来』 日本文化から大きな影響
神風動画の新作SFアニメが美しすぎる…! 月の番人と侵略者を描く

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP