ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ブラック企業規制法案」参院へ提出 企業に「離職者数」「残業」など開示義務付けへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本共産党は2015年4月9日、参議院に「ブラック企業規制法案」を提出した。法案は「長時間労働の是正」「求職者などへの情報公開」「パワハラの根絶」の3本柱で、若者の使い捨てや使い潰しの抑制を図る。
情報開示とペナルティー強化で「手口を封じる」

今回の法案では、新たに従業員300人以上の企業に「3年間の離職者数」「平均勤続年数」「残業・休日出勤の状況」「年休の取得状況」の情報開示を義務付けている。

このほか、サービス残業が発覚したら「残業代を2倍支払う」、パワハラを行った企業が指導・勧告に従わない場合は「企業名を公表する」など、違法・脱法行為へのペナルティーを強化する。情報開示による「社会的な批判と抑止力」との両面で、「手口を封じて、ブラック企業の無法を許さない」ことが目的だ。

この法案は2013年の参院選後に提出されたが、14年末の衆院解散でいったん廃案となっていた。同党の小池晃副委員長・参院議員はツイッターで、

「運動と論戦で政府もブラック企業対策に取り組み始めています。さらに前進させよう!」

と法案提出を機に決意を新たにしている。

あわせてよみたい:シンデレラや浦島太郎も「ブラック企業」の言いなりに
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP