ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水谷千重子、約3年ぶり新曲は80年代J-POPを彷彿とさせるアップテンポなナンバーに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年5月に演歌歌手デビュー40周年を記念して発売されたシングル「人生かぞえ歌」以来の、水谷千重子名義での新曲が久しぶりに発表されることが決定した。

ここ1~2年は、川中美幸とのデュエット曲発売や、相川七瀬トリビュートアルバムに参加など、デュエットのオファーが多く続いたが、子役時代からの芸能生活50周年となる記念の年に、水谷千重子のソロ名義での新曲「曇りのち…」を4月22日より配信することが発表された。

この曲は、ABC朝日放送「エンカメ!」のエンディングテーマに決定している。また、今年は本格的に音楽活動を行う予定で、秋にはさらなる新作の発表を予定している。

新曲に関し本人は、
「千重子です。今回の新曲はどこか懐かしくそれでいて現代ポップス歌謡のようなテンポもあってカラオケで歌いたくなるような曲よ!是非皆様聴いて歌ってください。ちなみにジャケットのヨークシャちゃんは千重子の娘サフランよ!二大美女共演!バカいってる(笑)曇りのち…宜しくお願いいたします」とのコメントを寄せている。

今年の水谷千重子の活躍に注目したい。

配信情報

「曇りのち…」
2015年4月22日配信

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP