ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【AJ2015】茨城の茨城による茨城のためのアニメ『あぐかる』で茨城県の魅力に触れよう!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大盛況のうちに幕を閉じた『AnimeJapan2015』。アニメのすべてを集結させたこのイベントでは、あまり世に知られていない面白い作品や試みも出展されていた。そのうちの1つである茨城県産のアニメ作品『あぐかる』をご紹介しよう。

茨城県の魅力をアニメで配信 アニメ『あぐかる』

『あぐかる』は茨城県つくば市に拠点を置くアニメーション制作スタジオ『スタジオぷYUKAI』が2010年から独自に制作、インターネットでの配信を開始しているアニメ―ション作品。アニメを通じて茨城と農業をポジティブにアピールすべく、稲作をテーマとしてストーリーを展開している。2014年度からは、『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編』を制作、配信しており、茨城県内各所の魅力を紹介している。茨城県出身や、出張や旅行などで訪れたことのある方なら、どこか懐かしい風景であったり、見覚えのある土地が出てくることだろう。近年、魅力がないと言われている茨城県だが、アニメを通して見ると気づかなかった魅力を感じることができるだろう。

メインキャストは、原田ひとみさん、山本小百合さん、菅沼久義さん、宮坂俊蔵さん、バロン山崎さんといった方々が声優を務めている。ゲストキャラクターとして代永翼さんや田所あずささん、阪口大助さんといった人気声優が登場している点も見逃せない。また、エンディングテーマには『茨城県民の歌』の初音ミクカバーアレンジが採用されており、茨城県民愛にあふれていることが伝わるはずだ。

『AnimeJapan2015』では、展示のほか声優キャストを招いてのトークショーも開催された。21日は原木さなえ&バラキちゃん役の山本小百合さん、すけ美役の田所あずささん、あぐかる監督・芦名みのる氏、司会はごじゃっぺメカ役の森田則昭さんでのトークイベントとサイン会が、22日には、いなほ役の原田ひとみさん、デェ五郎役のバロン山崎さん、ごじゃっぺメカ役の森田則昭さんによるトークイベントとサイン会が行われ、多くの観客を集めていた。

あぐかるPLAY WITH IBARAKI編

■配信サイト
ニコニコ動画「あぐかるチャンネル」内
http://ch.nicovideo.jp/agukaru[リンク]
YouTube「PLAY WITH IBARAKIチャンネル」内
https://www.youtube.com/channel/UCZ6ai3MjAo3KHLX9pYpLcAg[リンク]

PLAY WITH IBARAKIポータルサイト
http://playwith.ibaraki.jp/[リンク]

あぐかる公式サイト
http://puyukai.com/agukaru/

カテゴリー : エンタメ タグ :
srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP