ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鎧武・ミッチ役でブレイクした高杉真宙、『銀のスプーン』実写化で連ドラ初主演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『仮面ライダー鎧武』の呉島光実(ミッチ)役でブレイクした俳優・高杉真宙さんが、昼のドラマ『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』で連ドラ初主演することが分かった。
6月1日スタートで、東海テレビ・フジテレビ系にて、月曜から金曜13時25分より放送される。

【関連:『師匠シリーズ』実写映画&アニメ&ドラマ化決定!イメージキャラクターは高杉真宙さん】

 『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』は、講談社 『Kiss』で連載されている小沢真理さんのマンガ『銀のスプーン』が原作。

 高杉さんが演じる早川律は、大学1年生で、容姿端麗、成績優秀な人物。
母が入院したことを機に、弟妹のために料理を作るようになり、父や母がしてくれたように長男として家を守ろうと頑張るが、やがて自分が養子だと知り岐路に立たされる。実母に会いに行った先で、弟である路加と遭遇。実母が育児放棄気味であることに気付き、何とか救いたいと思うが……という、繊細な役どころだ。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP