ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栃木の「ご飯にかけるギョーザ」 累計50万個販売のヒット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 様々な種類がある「ごはんのとも」だが、なかにはおかずそのものを調味料にしてしまうものもある。

 それが「ご飯にかけるギョーザ」(ユーユーワールド/110g/454円)だ。

 栃木名物の餃子をモチーフにしたこの新調味料。原料は栃木産のおから、ピーナツ、にんにく、玉ねぎなどにラー油と酢などで、餃子のタネは入っていないのに、味は餃子そっくりという不思議な商品。

 ネット上で話題となって注文が殺到し、入荷まで1か月待ちだった時期もあるという。昨年夏の発売以来、累計50万個以上販売するという人気ぶりだ。

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラー油風ラムネ、醤油サイダー、しおサイダーが話題沸騰品薄
矢口真里 夫の「餃子食べたい」に張り切って作るとおのろけ
食べながらダイエットできる糖質オフメニューの基本原則とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP