ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8000m超の全14峰の登攀の歴史を山岳雑誌の編集長が辿った本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『現代ヒマラヤ登攀史』池田常道/ヤマケイ新書/880円+税

 1852年に世界一高い山と判明し、1953年に初登頂が果たされるエベレスト、登頂のより難しかった世界第二のK2、1964年に中国隊が制したシシャ・パンマなど、ヒマラヤに聳える8000m超14峰の登攀の歴史を元・山岳雑誌の編集長がたどる。

※週刊ポスト2015年4月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サラリーマン小遣い4.5万円での生活などを体張って検証した書
90才目前の橋田壽賀子 「渡鬼」最新作のテーマは「相続税」
ヒマラヤ雪男探索日本人 現地で「そんな物いない」と笑われた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP