ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菌が増え始める春こそ大掃除に最適 先手のカビ対策が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桜の開花前線は順調に北上し、時には汗ばむほど気温が上昇する季節になった。春の気配を楽しみながらも、気にかけたいのは気温の上昇と比例して増殖する「菌」のこと。大阪府立公衆衛生研究所勤務で、近畿大学農学部環境管理学科の坂上吉一教授は、この時期の菌対策の重要性を指摘する。

「菌が増えるには温度と湿度の上昇が影響します。また、菌が増えるには栄養源も必要です。布製品などの『汚れ』の原因となる、人間のフケ、汗、あか、髪の毛などの有機化合物がそれにあたります。春は新陳代謝も高まることから、汗やあかなど、菌の栄養も増える季節です。これらの汚れや細胞が菌の温床となり、春に菌は増えていくと考えられます。最近は、日本人の除菌に対する意識がとても高まっているように思いますが、ぜひ、『春も菌対策は必要』ということを新たな常識として、覚えておいてください」

 直接肌に触れるものや、これから暑くなると気になる「臭い」の元になる菌が潜んでいるのが、カーテン・ソファ・クッション・ベッド・布団といった布製品。衣類と違い、こまめに洗うことが難しいアイテムも少なくない。家事・掃除ガイドの著書やアドバイザーとして活躍する藤原千秋さんは、「GWに春の大掃除を!」をオススメしている。

「春の大掃除は、寒さや冷たさの負担がないので、やっていて気持ち良いですよね。花粉の飛散も落ち着いてくる時期ですので、大掃除には最適です。江戸時代の資料にも、大きな商家の大掃除は年に3回で、暮れの12月13日前後、あとは5月と8月という記録が残っています。春の大掃除の習慣を現代でもオススメしたい理由は、『先手のカビ対策』ができるため。

 カビは湿度が高くなる梅雨から夏にかけて増殖するため、その時期のケアが最も重要と思われる人もいるかもしれませんが、それでは遅いのです。カビが増殖してしまうと、除去するのに大きな手間がかかったり、変色が残ったりする恐れがあります。一方、カビが増殖する前に除菌した上で、週に1回くらい除菌・消臭スプレーを繰り返しておけば、梅雨時期のカビをグッと抑えることができます。さらにカビはニオイの元にもなりますが、こうしたニオイも早めの対策で抑え込むことができ、気兼ねなくお客様や友達をさわやかに、家へ迎え入れることができます」(藤原さん)

 温度や湿度が高くなる前、早めの「汚れ落とし」と「除菌・消臭スプレー習慣」を推奨する藤原さんに、具体的なケアについてアドバイスしてもらった。

「布製品のニオイや菌は、“ニオイの元となる汚れを取ること”“ついてしまったニオイを消すこと”“発生してしまった菌を除菌すること”でケアできます。物質的な汚れについては、ふき掃除や掃除機で表面についた汚れを取ってください。表面についてしまったニオイや菌、奥にしみついたニオイや菌については、除菌・消臭スプレーが有効です。

 手軽に毎日ケアできる除菌・消臭スプレーは必ず対象物から20~30cm離し、布が“しっとりする”くらいまで、しっかりスプレーをしましょう。布製品に除菌・消臭スプレーをした後は、乾かすことも大切なので、スプレー直後に人が触ってしまうことのない『外出前』や布団以外のアイテムには『就寝前』などが、タイミングとしてオススメです」(藤原さん)

 代表的な除菌・消臭スプレー『ファブリーズ』の場合、アイテムごとのスプレー回数は「4畳程度のラグやカーペット」「掃き出し窓用カーテン」「シングル布団やベッドマットレスの両面」が20回、「二人掛けの布製ソファ」15回、「学生服の上着」10回となっている。たまに“やりすぎ? 使いすぎ?”と気になることもあるが、同商品を使用した実験では、スプレー回数が増えるほど抗菌力が上がる結果となったという。

「布製品を使うとどうしてもフケや汗、垢などの汚れといった有機化合物がついてしまい、そういうところには菌が住みやすくなっています。洗って菌を落とせない布製品について、除菌は絶対に必要なケアと言えます。消臭・除菌スプレーによる除菌は、手っ取り早く、理にかなっていると言えますね。また、一度除菌をしても、環境によってまた菌が増えてしまいます。

 消臭・除菌スプレーにはアルコールと除菌成分が入っており、使うとアルコールはすぐ飛びますが、除菌成分は残ります。除菌成分の残留効果、積み足しがあるので、除菌の回数が増えるほど、除菌の効果は高まると考えられます。消臭・除菌スプレーは適宜繰り返し使い、こまめに除菌を行うことが重要です」(前出・坂上教授)

 さらに坂上教授は、「台所は春先になると、ある程度菌が増えてきます。また、台所は『水まわり』。水があるところでは水に関係する菌も存在します。食品を扱うため、さらに菌は存在しやすく、春の台所は『菌に囲まれている状態』とも言えます」と注意喚起している。

 食品が傷みやすい暑さではないものの、行楽の際や新入学・新学期で始まるお弁当は、作ってすぐに食べるものではないだけに、きちんと対策したいところだ。大腸菌を例にすると「菌は30分ごとに倍になる」と言われており、お弁当の食中毒を防ぐには、「(菌を)つけない」「増やさない」「加熱する」が大切になってくる。キッチンアイテムの除菌も重要なポイントのひとつになるが、普段から使う台所用洗剤を“除菌できるもの”にすれば、簡単に始められると藤原さんは語る。

「キッチンでの除菌については、特別なグッズをそろえる必要はありません。例えば、私も愛用している台所用洗剤『除菌ジョイコンパクト』は、除菌効果のある洗剤なので、食器洗いと同時にそのまま、まな板やスポンジなどの台所用品の除菌ができます。プラスチック製のまな板の場合、洗ったら表面に原液を約8ml、大きく『の』の字を2回書くようにたらし、清潔なフライ返しなどで均一にまな板全面にのばします。そのまま約20分放置した後、水で洗い流すだけで除菌完了です。

 スポンジについては、軽く洗ってよくしぼり、全体に行き渡るのに充分な量の原液を約8mlつけ、よくもみこみ、次に使用するまで置いておくと除菌ができます。また、スポンジの除菌は、きれいになるだけでなく、スポンジが長持ちするという効果もあります。こまめに除菌していると、変色したり、ぬめったりするのを遅くできますよ。スポンジを長く保たせたいのなら、使う度除菌した方がいいでしょう。まな板やスポンジも、ひと手間で菌に強くなりますから、ぜひみなさんも実践してみてくださいね」(藤原さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徹底消臭目指した消臭剤 トウモロコシ由来成分、クエン酸配合
年齢予測のため見る部位2位の手・指 顔に比べ6倍新陳代謝遅い
“おばさん化”防止には「手肌年齢」を意識 アピール可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。