ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内旅行で外国人の友達ができる 「シェアトリップ」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NPOなどが主催する、日本在住の外国人と日本人の異文化交流会、英語での料理教室などが軒並みキャンセル待ちの人気だ。日本を訪れる外国人が増えているだけでなく、2020年の東京オリンピックへ向けて、個人でも地域でも“外国人とコミュニケーションすること”への興味は高まっている。

 こうしたコミュニケーションの場として注目なのが、外国人向けの国内ツアー。大手旅行会社ではJTB「サンライズツアー」の京都発着「京都アフタヌーン」ほか、東京を中心にさまざまなコースが用意されたはとバスの「はとバス外国語ツアー」のなど、日本人も参加可能な“外国語で楽しむパッケージツアー”が用意されている。外国人観光客と共にツアーを楽しむだけでなく、私たちにとって身近な日本の文化が、英語でどう説明されるのか? といった点でも興味深い。

 定番の観光スポットに加え、ガイドが案内してくれる安心感がパッケージツアーのメリットだが、より積極的に交流したい人にオススメなのが、外国人向け「シェアトリップ」への参加だ。ソーシャル旅行サービス「trippiece(トリッピース)」が2014年4月にサービスを開始した、訪日・在日外国人へのインバウンド向け英語版サイトをチェックしてみると、日本の文化や伝統行事を体験するツアーのほか、下町や自然豊かなエリアを散策するコースなど、個性的なプランを含むさまざまなツアーが企画されている。

 そうした個性的なツアーが催される背景としては、企画者がガイドとなって自由に旅程を決めるだけでなく、事前の段階やツアー工程の途中で、参加メンバーがプランを提案したり、相談したりしながらコースを組立てる要素も多く、参加者同士のコミュニケーションが増える仕組みになっている。実際に参加した人たちやツアーの雰囲気について、3月に着物で鎌倉を散策するツアーを企画した、trippiece社員の大泉みどりさんに当日の様子を聞いた。

 まず今回の企画で事前に決まっていたのは、集合場所と時間、着物レンタル店での着物レンタル・着付けといった、最小限の予定のみ。参加者は大泉さんを含め、全員が20代の女性8名(日本人5名、フィリピン人2名、アメリカ人1名)と男性1名(フランス人)。一行は集合後、昼食をとりながら自己紹介をし、着物に着替えて鶴岡八幡宮や長谷寺周辺、小町通での食べ歩きなど散策を楽しんだという。

「みんなで相談しながら行く先を決める中で、『江ノ電に乗りたいね』ということになり、長谷へ行きました。有名な鎌倉大仏も近いですし、普通ならここで『大仏見るでしょ』となりそうですが、散策を楽しんでいるうちに拝観時間が過ぎてしまって……。でもほとんどの参加者が『大仏は前に来て見たことがあるから、いいよね』とおっしゃって、『江ノ電にも乗れたし、次は小町通で食べ歩きしよう!』という感じで、スムーズに予定が決まっていきました。観光だけでなく“コミュニケーションしながら、ツアーを一緒に作っていく”というのが、魅力なんだと思います」(大泉さん)

 外国人参加者が多く、英語での会話が中心というと、英会話に自信がないと気後れしがちに思えるが、今回の参加者のうち日本人女性の3名は、外国人と一緒のツアー参加は初体験。しかし「英語はあまり話せないけど、不思議とコミュニケーションが取れていて楽しい」と語るなど、言葉の壁を気にせず、共にツアーを楽しんでいる。また、外国人参加者にも好評だ。

「日本在住は1年ほどで、こちらのツアーには何度か参加しています。以前、新宿御苑で着物を着たことがあって、今回は着物で散策するのが楽しみで参加しました。時間が空いている時に、気軽に参加できるスタイルなのが、とても気に入っています!」(フランス人男性)

「日本には3年ほど住んでいますが、なかなか自分の職場の以外の日本人と知り合うことができません。trippieceを見つけた瞬間、“これだ!”と思い登録して参加しました。みんな素敵な人たちで、友達にもオススメしたいです」(アメリカ人女性)

 英語が堪能な日本人参加者でも「着物やお寺、神社などの文化や日本食に関して、英語で説明するのは難しいけど、それも楽しい」といったコメントをするように、伝統文化を異なる言語で説明するのは大変だ。しかし、ボディランゲージも交えながら、伝えようとする姿勢や“仲良しになりたい”という気持ちは、一緒にすごす中できちんと相手に伝わる。そう考えると、言葉や文化の違いというのは、あまり関係ないのかもしれない。

「英語版に登録されている日本人の方の場合、“外国人の友達が欲しい”と考えている方が少なくないですし、日本在住の外国人の中にも“日本人の友達をもっと作りたい”と思って登録されている方も多いです。ツアーのバリエーションが豊富ということもありますが、リピーターが多いというのも特徴です。

 特に外国人の参加者は、行きたい場所だったり、やりたいことを提案したり、積極的に参加者同士でコミュニケーションしようとする傾向があります。ツアーと言っても今回のように半日程度のコースも多いので、国内で気軽にさまざまな国の人と友達になりたい方には、ぴったりだと思いますよ」(大泉さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福士蒼汰 映画祭でのイタリア語披露で『VOGUE』に大抜擢
「話す・書く」で実務に直結 もうひとつのTOEICテスト
世界を渡り歩いた女性 語学力向上に教養とサービス精神必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP