ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箭内道彦がBRAHMANの素顔を追ったドキュメンタリー映画『ブラフマン』公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年結成20周年を迎えるBRAHMAN。これまで、あまりみられることのなかった彼らの素顔を箭内道彦がたった一台のカメラで収めたノン・フィクション映画『ブラフマン』が、7月4日より新宿バルト9ほかで全国公開されることが決定した。

今年20周年を迎えるハードコア・パンクバンドBRAHMAN(ブラフマン)。「静と動」を基盤に、人間の限りなく切ない深い思いと、怒りと悲しみに満ちた思いを音に乗せ昇華させる。その熱く深い思いと圧倒的なパフォーマンスは、日本国内だけにとどまらず、イタリア、台湾、中国など世界中に広がっている。

神がかったそのライブパフォーマンスは、知られているが、そのステージを降りた彼らの姿はあまり知られていない。そんな彼らを赤裸々にエグり出すのは、「NO MUSIC,NO LIFE.」や、広瀬すずの「ゼクシィ」のCMでも話題になった、クリエイティブディレクター箭内道彦。風とロックを設立し、様々なジャンルのアーティストや音楽イベントにも深く関わっている。そんな箭内だからこそ撮れた、普段は見せないBRAHMANの「ノン・フィクション」を浮き彫りにする。

解禁されたポスターには、ツアーで訪れた福島県阿武隈川沿いに佇む彼らの後ろ姿。4人は何を見つめ、何を思うのか。想像を刺激される1枚(写真・題材とも箭内道彦によるもの)だ。20年間走り続けてきた彼らが、たどり着いた場所とは。そんな彼らの「今」を箭内道彦はどう見つめたのか。是非劇場で堪能して欲しい。

箭内道彦コメント
僕はこれまで、映画を監督するオファーを、すべてお断りしてきました。たぶんこれからもそうです。
ただ、僕が知っている、ブラフマンの、愛すべきあの四人を、ただスクリーンに映すことであればできると、
今回の受諾は、あくまでイレギュラーなものになりました。
また、何か凄いアクシデントが起きたり、血や涙が流れたり、
そういった期待に応えることのできる映画には、絶対にならない気がしています。

映画情報
映画『ブラフマン』
7月4日(土) 新宿バルト9ほか全国公開
監督・撮影:箭内道彦
出演:BRAHMAN(TOSHI-LOW、KOHKI、MAKOTO、RONZI)
配給・宣伝:プレシディオ ©2015 映画「ブラフマン」製作委員会
公式HP:http://www. brahman-movie.jp
ツイッター:@BRAHMAN_Movie
公式Facebook:/brahman.movie

関連リンク

BRAHMANオフィシャルサイトhttp://www.brahman-tc.com/
■BRAHMAN | TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/brahman
BRAHMAN Facebookページhttps://www.facebook.com/BRAHMAN.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP