ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

味や見た目だけじゃない! 彼に「料理上手」と認めてもらえる3つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大好きな彼に、手料理を作ってあげたい。
しかし、男性は、お母さんが作った料理が大好き。残念ながら、彼の「お母さんの味」を越えることはできません
彼のお母さんには勝てないけど、せめて、「料理上手」と彼に認めてもらうには、どうすればいいのでしょうか?

シンプルなものを正しく作る

毎日の食卓のなかで、欠かせないシンプルメニューと言えば、みそ汁、ご飯、卵焼き、お漬物、煮魚…などなど。
下準備やだしのとりかた、水加減、調味料を入れるタイミングなどで味に差が出ます。シンプルなものを正しく作れるようになると、料理のレパートリーも増えていきます。

残り物でチャチャっと作っちゃう

お家デート中に、彼が「何か食べたいな~」。「残り物で何か作ろうっか」と、チャチャ~ッと手際よく料理を作れたらカッコいいですよね。
とっさのことで、「慌てて何も作れなかった~」なんてことがないよう、自分の「残り物得意レシピ」を持っているといいでしょう。

食材の切りかたの基本ができている

千切り、いちょう切り、ささがき、白髪ねぎ、食材の切りかたはいっぱいあります。それぞれの料理に応じた食材の切りかたがあるので覚えておきましょう。
飾り切りもマスターしておくとGOOD。煮物などのワンポイントに、にんじんの梅花型の飾り切りが入ると、見た目も華やかでとってもおいしそう! 食卓が楽しくなりますね。
「おいしく作らなきゃ」と味ばかりを気にするよりも、この3つのポイントを押さえて、彼の胃袋を満たしてあげてはいかがでしょうか?
料理は楽しく、彼がよろこぶ顔を思い浮かべながら作りましょう!
Pretty young woman image via Shutterstock
(北村留美)


(グリッティ)記事関連リンク
「彼のために」は意味なし! 彼が嫌がる尽くしかた
ピンチをチャンスに変える遠距離恋愛の心得
女は経過より結果? 長年つきあった彼女と別れた男性の本心

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP