ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オイルは不要!USBで充電して繰り返し使えるキャンドルライターが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロウソクに火を灯すとき、ライターやマッチを使用するのが一般的だろう。しかし、使いたいときに限ってライターのオイルが切れていたり、マッチの買い置きがなかったりするもの。

そんな不便を解消してくれそうなのが、カナダのスタートアップが開発した電気キャンドルライター「ArcLighter」。火を使わずにロウソクを灯せるというもので、しかも充電して繰り返し使える。

・高熱の電気アークで点火

ArcLighterはスティック状で、先端に点火部分がある。点火部分には2つのセラミック電極があり、電極間に高熱の電気アークを流すことで、着火できる仕組みだ。この技術については現在、特許を申請中だという。

電気式だからといって、車に装備されている電熱式ライターのように使う前しばらく待つ必要はなく、ボタンで瞬時に点火できる。また、通常のライターのように炎は出ないので、あらゆる角度で安全に使用することができるのもポイントだ。

用途としては、キャンドルだけでなく、紙や線香、ガスコンロの点火など、幅広く使える。

・ガスタイプより長寿命

そしてArcLighter最大の特徴は、何と言ってもUSBケーブルで充電して繰り返し使えること。リチウムイオン電池を内蔵していて、充電されているかはボタン周りのライトで確認できる。

当然、充電回数を重ねるごとに電池は消耗していくわけだが、開発元によるとバッテリー容量が当初の80%程度になるまで少なくとも2、3年はもつとしているので、ガス式のライターより長寿命だ。

・予約が殺到中

スペックは長さ20cm、直径1.8cm。充電ドックとケーブルがセットになっている。

現在、資金調達サイトKickstarterで展開しているキャンペーンでは予約が殺到中で、すでに目標額をクリア。もっともお得なパッケージは“完売”し、現在は40カナダドル(約3800円)で入手できる。

世界中どこにでも発送してくれるので、ライターを頻繁に使用する人は要チェックだ。キャンペーンは4月27日まで、発送は11月ごろを予定している。

ArcLighter/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP