ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガラスやタイル、木材…何にでもくっつくiPhoneケースでハンズフリーに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Zero Gスマートフォンでビデオを観たり写真を撮ったりするとき、スタンドや三脚を使うと便利なもの。そんな役割を担ってくれるiPhoneケースが登場した。

その名も「Zero G」。GはGravity(引力)の頭文字からとっていて、引力ゼロ、つまり空間にiPhoneを固定することができるというものだ。

・ナノテクノロジーで吸着

開発したスタートアップによると、ケースの背面にナノテクノロジーを活用していて、木材、ガラス、タイル、鏡など平らな面であればどこにでも吸着するとのこと。

Zero G3・ビデオ通話や自分撮りに便利

使い方はいろいろだ。スカイプなどでビデオ通話したいときに壁にくっつけたり、メイクをしながらビデオを観たいときに鏡に固定したり。

端末を持つ必要がないので、何か別の作業をしながら端末を使いたいというときに活躍する。

そのほかにも、タイマー付きのカメラアプリやシャッターリモコンなどと一緒に使えば、自分撮りや友達と一緒の記念撮影にも重宝しそうだ。

ケースはiPhone6と6プラス用の2つがあり、白と黒の2色から選べる。マストではないかもしれないが、持っていたら何かと便利。

そんなお役立ち アクセサリーのZero G、資金調達サイトKickstarterで今なら39ドルの出資で入手できる。キャンペーンは4月30日まで。

Zero G/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。