ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オスカー作品『セッション』の異色のテーマ曲「ウィスプラッシュ」演奏シーン公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アカデミー賞3部作受賞の映画『セッション』で話題の演奏シーンが、4月17日の上映に先駆け公開された。

 注目のシーンは、J・K・シモンズ演じる音大の教授フレッチャーにスカウトされ、ニーマン役のマイルズ・テラーが主奏者としてドラムを演奏するシーンだ。本作の原題でもあり、テーマ曲となる「Whiplash」は、ビッグバンドのコンポーザーでもあり一つの楽曲内で目まぐるしくリズムの変わる曲作りをすることでも有名だった、ハンク・レヴィが1973年に残した楽曲である。タイトルの意味は“ムチを打つこと”で、劇中のドラマーのスティックさばきのしなやかさ、フレッチャーによる苛烈なしごきをイメージさせる。しかしそれだけでなくこの曲は、物語が変調し思いもよらぬ方向に突き進む、本作の全てを示唆しているとも言えるだろう。

 名門音大に入学した才能あふれるドラマーを待ち受けていたのは、異常なまでの完璧さを求める指導者。人生までを投げ捨て精神を追い詰められていくニーマンを、フレッチャーは栄光へ導くのか、それとも叩きつぶすのか。限界を超えたまさに狂気の演奏に、観客の心拍数はあがりっぱなし。無我の境地で二人が見せる衝撃のセッションは必見である。

◎公開情報『セッション』
2015年4月17日よりTOHO新宿ほか順次ロードショー
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ

More Info:http://session.gaga.ne.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

ウィーン少年合唱団が来日プログラムを発表、今年はファレルの「ハッピー」に挑戦
トゥイステッド・シスター、後任にマイク・ポートノイ(Dr)を迎え追悼公演発表
Album Review: レネ・パウロ 1930年生まれの伝説が奏でる美しきピアノ・アルバム、老練な指使いをじっくりと堪能

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP