体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはいくつ知ってる?Macに隠された「12の裏技」

150409_mac-hacks

今回は、Macユーザーが知っておくとなにかと便利な、12の裏ワザを紹介!使いこなせば、今まで以上にいろんなことが簡単になること間違いなし!

作業が効率的になるショートカットや、意外な機能。使うか使わないかはあなた次第。まずはさらっと、流し見してみては?

01.
音量調節をより細かく!

volume

Shift + Optionとともに音量ボタンを押すと、通常よりも細かい幅で音量調節をすることが出来る。・・・知らなかった。

02.
スクリーンショットの撮り方(複数)

まずはじめに、全画面を撮影したい時は、Command + Shift + 3でワンタッチ撮影が可能です。

さらに、範囲を指定したい場合は「Command + Shift + 4」を押すことで、撮影用のターゲットキーが表示され範囲を自由に選択することができます。ここまでは知っている人も多いかもしれませんが、更にもうちょっと面白い操作が。

Command + Shift + 4を押した後、スペースバーをクリックします。すると、開いているページのウインドウ毎に撮影することができるんです。

例えば、複数のウインドウを開いていても、デスクトップか、Safariか、メモ帳か、開いている枠ごとの写真が、重なっているかどうかに関係なく選択して撮影できます。

03.
ページ内の単語を
ワンタップで辞書で調べられる!

iMac late 13

Spotlightの機能を使って辞書を利用することもできますが、トラックパッドを使えばもっと簡単です。

分からない単語を選択し、トラックパッドを指3本でタップします。すると、その場に辞書が表示されます。国語辞典や英和辞典が参照できるため、何とも便利な機能。

出来ないという方は、システム環境設定からトラックパッドをクリックし、ポイントとクリックタブを選択し、「調べる」にチェックを入れてみましょう。

04.
「Option + Shift + K 」を押すと、
リンゴのマークがうてる!

Amazing Apple Store

メモ帳やワードなどで、タイピングをする際、「Option + Shift + K」を押すと、「」が出現!テキストメッセージやEメール、ドキュメントなど色々なシーンで使うことが出来ますが、ちょっと感動。

05.
細かく明るさを設定する!

音量と同様に、「Shift + Option」を押しながらスクリーンの輝度調節ボタンを利用することで、自分の好みに合った細やかな調整が可能!

06.
簡単ファイル削除

削除したいファイルを選択して、Command + Deleteを押すだけで簡単削除できます!ほんの一手間ですが、されど一手間。もしゴミ箱を空にしたい場合は、「Command + Shift + Delete」で一括をクリックかEnterするだけ!これは便利・・・。

07.
マックに口頭で指示出来る!

MacBook Pro Keyboard

実は、マックには口頭で指示をすることができるんです。まずは、システム環境設定のスピーチタブを押して、音声認識を「入」にします。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。