体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

剛力彩芽がアルバム発売イベントを開催 全5曲、キレのあるダンスと言葉で日頃の感謝を伝える

エンタメ
剛力彩芽がアルバム発売イベントを開催 全5曲、キレのあるダンスと言葉で日頃の感謝を伝える

 剛力彩芽が4月9日、ラゾーナ川崎にて新作1stアルバム『剛力彩芽』のリリースイベントを行った。今や国民的な認知度を誇る彼女だけに、会場には三階の立ち見エリアまで多くの観客が集まり声援を送った。

 この日の剛力は4名のダンサーを引き連れてステージに登場。早速、一曲目の「Brand New Day」の歌唱に入る。実は芸能界きっての“踊れる女優”である彼女。久々のイベントとなったこの日のために確認し直したばかりとは思えない軽快なステップを披露した。

 演奏後はやや息を切らせた様子で「皆さんこんばんわ。今日はお集まり頂いてありがとうございます。」と挨拶。集まったファンの中には、剛力にとって、久々のラゾーナ川崎でのイベントということで「おかえり!」と声をかけるファンも。

 剛力は「すごい久々のイベントで、実は今すごく緊張してます。言葉にならない思いが胸につまって、いま危ないです。」と感極まりそうな声で続けると、アルバムのリリースを改めて報告、続けてファンへの感謝の気持ちを述べた。

 そして、次曲の準備に入りつつ、「ダンスをしてるから、いっぱい飲まないと。」と念入りに水分補給。その様子に「美味しい?」と客席から声がかかると「最高だね!」と笑顔で返した。

 この日、二曲目になったのは「あなたの100の嫌いなところ」。1曲を終え、緊張がほぐれたのか、先ほどよりもさらにキレを増したダンスで、サポートダンサーとも息のあった連携を見せる。女優業が忙しい時期が続く剛力だけに、なぜこのタイミングで歌手業も? という声も時おり聞かれるが、こうやって生のダンスを披露することが何よりもその答えになっている気がする。

 演奏後は再びMCへ。「ステージに立った時に、伝えたいことを伝えよう」という心持ちで、事前には話す内容を考えてなかったという剛力は、「一番悔しいのは今日しかイベントがないところ。私も『え?』って思ってる。」と、多忙で人前で歌う機会が限られていることへの自身の複雑な心境にも触れた。

 また、剛力は「一つ自慢がある」として「昨日は雪だったじゃないですか? なのに今日晴れましたからね。イエーイ!」と自身の”晴れ女”ぶりを自慢。「(前週には、一週間連続雨という)予報が出ていて、すごく焦りました。」とイベント当日の状況を不安視していた気持ちを吐露した。

 続けて、「次に歌うのは、皆さんのおかげで出来た曲だと思います。皆さんに感謝の思いが伝わるように歌います。」と前置きし、人気デビュー曲「友達より大事な人」を披露した。

 その後、ゲスト司会者も迎えたインタビュー形式の「長めのMC」へ。ラゾーナ川崎という会場についてどんな印象があるか? という質問に剛力は「帰ってきたな、という嬉しさはあります。」と返答。

 また、今回のアルバムで自身も作詞に挑戦したことについて聞かれ「今回の作詞はいしわたり先生との共作なんですけど、私が書いていった伝えたいメッセージの箇条書きを、あんなに素敵な歌詞にして下さって、やっぱりスゴイな~と思いました。私の言いたいことや伝えたいことを分かって下さっていて、さすがだなと。」と製作時のエピソードを明かした。

 最後に、アーティスト剛力彩芽として今後の目標を聞かれると、「まずはシングルもアルバムもどんどん増やしていきたいですし、後は曲数も増えたので…ライブ?」とそれを待ち望むファンを盛り上げた。(終演後の取材では「できるだけファンの皆さんと近い距離で、自分にとって思い入れのある会場でやりたい。」とも明かしていた。)

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会