ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム『刀剣乱舞』の桜リキュール酒が話題に! 誕生秘話を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 3月28日に開催された「コミケットスペシャル6」で数量限定先行発売された「刀剣乱舞-ONLINE- 桜酒」がネット上で話題だ。

 同商品は、DMMのオンラインゲーム『刀剣乱舞』内で見られる”鍛刀”シーンをイメージし、刀剣男子を桜の花びらが包み込む瓶設計にした桜リキュール酒。「三日月宗近」と「加州清光」の2種類あり、価格は1,700円(税込)。

 Twitter上では「すごくキレイで美味しそうなお酒」「飲みたーい」などの声が上がっている。

 なぜ刀剣乱舞の桜酒を開発したのだろうか。株式会社飛夢の市村尚輝さんに話を聞いてみた。

 「少しでも多くの人にお酒の楽しさを知ってもらうため、女性向けに何か商品を作れないかと考えていました。そんなとき『刀剣乱舞-ONLINE- 』を知り、世界観を表現したお酒ができないかと開発に踏み切ったのです」と経緯を語る。

 開発において「瓶の形状や中の桜の舞い方など、女性が手に取ってくださったときに、気に入っていただけるような工夫を全体的に凝らしました」とこだわりを見せた。

 同商品の楽しみ方を尋ねると、ソーダや紅茶などで割って味わうのがおすすめとのこと。

 ちなみに、コミケットでの販売は大好評だったそうだが、「瓶の形状上、やや慎重に持ち運んでいただく必要があり、一部の購入者の方にはご迷惑をおかけしてしまいました」と振り返る。

 瓶が特注品であり、かつデリケートな部分もあるため、次回生産は未定とのこと。今後発売される日が待ち遠しい。

■関連リンク
刀剣乱舞-ONLINE- 桜酒 商品ページ
爪楊枝でマリオを完全再現
ブラックライトのアートがスゴすぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP