体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知って得する!ウィーンで本場のオペラをたった3ユーロで楽しむ方法

生活・趣味
Photo Credit: Peter Siroki via Compfight cc

Photo Credit: Peter Siroki via Flickr cc

TRiPORTライターの林です。
オーストリアの首都であり、芸術の街として知られているウィーン。この中心に存在するウィーン国立歌劇場(ウィーン国立オペラ座)は世界三大歌劇場のひとつ。

公演は年間を通して約300日間と、世界で最も多い劇場とされており、50のオペラとバレエ演目が上演されています。ウィーンに訪れたらぜひ一度は鑑賞してみたいものですが、さぞかし高価なのだろうなんて思っている人も多いのではないでしょうか? 確かに、なかには200ユーロもする席もありますが、立ち見席ならば3~4ユーロでチケットを手に入れることができるのです!

チケットを手に入れるには

会場全体の1709席のうち、実は500席以上が立ち見席として用意されています。非常にリーズナブルな立ち見席は非常に人気なので、確実にゲットしたい人は開演の2~3時間前には購入列へ並ぶことをおすすめします。

もちろん、演目や日程によって混雑具合が異なるので、立ち見席のチケットを取ると決めたら事前に調べておくとよいでしょう。当日券の販売開始時刻は開演80分前となっているので、それを考慮しながらスケジュールを組めばスムーズにいくと思います。

チケットの種類

Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」

Photo credit: Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-」(※写真はイメージ図・立ち見席からの景色とは異なります)

立ち見席のチケットだけでも3種類あり、鑑賞エリアによって価格も違います。

・Parterre(1階)…4ユーロ
・Balkon(2階)…3ユーロ
・Galerie(3階)…3ユーロ

少しでも近くで見たいという人が多く、チケットはだいだい1階から売れていく傾向があります。どうしても1階で見たいという人は、並ぶ時間を考える必要があるでしょう。

ドレスコードやマナー

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会