ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高度な治療むなしく 子供たちのために声帯摘出したつんく♂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 つんく♂(46才)の喉頭がんが発覚したのは、昨年2月のことだった。当初は手術を回避し、放射線治療で「寛解」(がん細胞が消失すること)を目指す道を選んだ。

「奥さんが何軒も病院に聞いて回り治療法について調べたそうです。そして彼は通常の放射線だけでなく、『陽子線治療』といって、より高度な施術も受けることになった。この施術を受けられるのは、日本国内で10か所しかなく、しかも保険外診療なので、2か月の治療で300万円ほどかかるんです。それでもつんく♂さんは、“声帯手術だけはどうしても避けたい”と、陽子線治療設備のある千葉県の病院に通って、治療に専念していたんです」(つんく♂の知人)

 セカンドオピニオン、サードオピニオンを経て辿り着いた医師と、妻と二人三脚で治療を進めたつんく♂。同年9月には担当医から「完全寛解」を宣言されたとブログに喜びを綴っていた。

「先生からの太鼓判をいただいた今、今後は今まで以上に『愛のある唯一無二なる仕事』をしていきたいです」

 しかし、悪夢はそのわずか10日後にやってきた。がんが再発見されたのだ。知らせを受けたのは、モーニング娘。2014のコンサートに立ち会うべく家族とともに向かったニューヨークでのこと。コンサートを見届けた一家はUターンするように帰国した。

「画像検査等で腫瘍が消えていれば、通常は寛解と診断されます。その後、周辺細胞を採取して検査しますが、実際にはがん細胞が残っているのに、採取した部分にたまたまがん細胞がなかったという場合でも、完全寛解と診断されてしまうことがあるんです。つんく♂さんもこのケースだった可能性があります」(医学博士の狭間研至氏)

 喉頭がんは5年生存率が70%で、再発の場合はさらに下がる。予断を許さぬ事態だった。声をとるか、命をとるか──究極の選択を前に、つんく♂の心は乱れた。

 歌手の忌野清志郎さん(享年58な)のように、同じく喉頭がんに侵されながら、声帯除去を拒否して、芸に殉じた者もいた。

「歌手が声を失うということは“生きるな”と言われることに等しい。先輩たちの生き様を見ていたからこそつんく♂さんも悩み続けていたんだと思います。おれから歌をとったら何が残るんだ、寿命よりも大切なものがあるんじゃないかって。でも彼は最後に声を失うことを決断した。何よりも大切な存在のためにです」(前出・つんく♂の知人)

 6才の双子の長男と長女、そして3才(当時)の次女の姿を目にしたとき、つんく♂は泣いた。

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
凍結療法 がん細胞含む体内細胞を凍らせ死滅させる治療法
がんの陽子線治療 放射線治療よりも少ない回数で終了が可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。