体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2,000万回】TED至上、最も見られたスピーチ。「学校が、子供のクリエイティブを殺している」

th_スクリーンショット 2015-04-09 12.51.38

あらゆる分野のスペシャリスト、著名人がそれぞれの想いを胸にスピーチを繰り広げる世界的なカンファレンス「TED Talks」。名だたるスピーカーの中でも最も視聴者を集めたと言われるのが、思想家ケン・ロビンソン氏だ。2014年時点で彼のスピーチは累計2000万回以上、再生されている。

今回は、その中で最も人気の高い「学校教育は、創造性を殺してしまっている」というスピーチをご紹介したい。

人間誰もが持つ創造性について、そしてそれを奪ってしまう今の教育について改革が必要だと熱く語りかける。

Sir Ken Robinson @ The Creative Company Conference

彼のスピーチを簡単にまとめるとこうだ。

1.現在の教育制度が、子どもの才能を潰している
子供たちはみな素晴らしい潜在能力と創造力を持ち合わせている。でも大人たちが奪ってしまっていることを知るべきだ。

2.子どもは、失敗を恐れないが大人になると怖がる
子供は失敗を恐れず、とりあえずやってみる。でも失敗は悪いものだと教えられるせいで、大人になるとみな失敗を恐れ挑戦しなくなってしまう。それでは何も生み出せない。

3.今の教育で生まれるのは、大学教授だけ
数学や語学は評価されるが、芸術はいらないものとされている。そんな教育制度が生み出せるのは、大学教授だけだ。

4.学歴の価値がなくなってきた
大学に行くための学校の成績だけが評価されてきた。でも今は大学を卒業したからと仕事に就ける時代ではない。今こそ、早急に教育制度を見直す時だ。

5.才能を平坦化するのではなく、伸ばすのが大事
世界的に有名なダンサーであるジリアンは小学生の頃は、落ち着きが無く学習障害(ADHD)だと言われ続けていた。可能性を奪ってはいけない。

6.子供たちが未来をつくる
未来は今の子供たちが担っている。私たちは、子供たちの創造性を潰すのではなく、伸ばす手助けをするべきだ。

ここからは動画でケン・ロビンソン氏の名スピーチを紹介する。

現在の教育は
子どもの才能を潰している

子供はみんな素晴らしい才能を持っているものです。でも、私たち大人が無情にもそれを無駄にしてしまっていると思うのです。

だから私は今日、教育について話したいと思います。文字を教えることくらい、創造力を育てる授業が重要になるので、教育に取り入れるべきです。

今の教育は創造性を殺す
失敗を恐れていては、何も生まれない

最近聞いたおもしろい話をしましょう。今まで何も興味がなかったある6歳の少女が、絵の教室に通うと、すごく没頭し絵を描くようになったそうです。ある時先生が、少女に「何を描いているの?」と聞くと、少女は「神様の絵を描いているの」と答えました。先生は「神様の姿も知らないのに?」と言うと、「じきに分かるわ!」と答えたのです。

それから私の息子が4歳だったとき、学校で劇をやりました。なかなか素晴らしい役をもらったんですが、劇の内容は私が知っているものと少し変わっていましてね・・・だから息子に「あれで良かったの?」と聞いたんです。そうしたら「何か間違っていた?」って。

Curious kid
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。