体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モノを減らすのではなく、そもそも「モノを買わない」ススメ

150409_must-discard-life

今の生活に満足できない。いつも気持ちがもやもやしているという方、モノにあふれた生活を送っていませんか?モノを減らし、シンプルに暮らすことで得られるメリットは思った以上にたくさんあるようです。

今回は、ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を提唱するメディアbecomingminimalistから「モノを買わないススメ」についてご紹介していきます。私たちは、モノを持つことで、いろいろなことを失ってしまっているのかもしれません。ここからは、彼のブログ内容を紹介していきます。

 

th_スクリーンショット 2015-04-09 16.57.04

今私たちは、モノに溺れてしまうような生活の中にいます。年に何度もあるイベントごとでモノは増えるし、日常的にもモノ を買い込む。けれども、めったにそれらを捨てる機会はありません。その結果、モノが溢れてしまっています。

そこで思いついた解決法は大きな倉庫や収納を見つけることでした。しかしそれも、一時的な解決策にしかなりませんでした。

モノを減らすために、今あるものを捨てることもありますが、捨てることはなかなか難しかったりします。だからあえて買わない。今回は、モノを買う5つのデメリットを紹介しながら、「モノを買わないススメ」をお届けします。

01.
世界には本当に必要としている人がいる
誰のためにもならない

Happy kids

私たちがめったに使わないモノは普段、押し入れやガレージ、棚の奥深くに眠っています。でも、世界の誰かが、それらを必要としているかもしれません。保管し続けていては、あなた自身も周りの人も幸せになりません。

02.
部屋が狭く感じ、
出費がどんどん増える

モノを多く持つことで、どんどん部屋が狭く感じ、より大きい収納が必要だと考えるようになる。だからまずは大きなカラーボックスや最新の収納なんかを購入する。それでも足りなくなり今より広い家に引っ越す。それでも足りなくなり、倉庫をレンタルしたり・・・と、私たちはそれを繰り返すだけ。

モノを持つと、気が付かないうちにお金がどんどんでていく負のスパイラルが始まっていきます。

03.
新しいモノが続々と・・・
欲望は止まらず、心が満たされない

Rubbermaid Homefree Series Closet Kit 3H11

買ったものを綺麗に箱にしまい、クローゼットに陳列させるという行為は、さらに多くのものを購入したいという欲望を引き 起こすことになります。新しいものを手にいれては、また欲しくなる。しかし、それを繰り返せば繰り返すほどに、本当に心が満たされることはなくなっていきます。

04.
本当に欲しいものって何だろう?
自分の気持ちを見失う

th_スクリーンショット 2015-04-09 16.57.23

一つ一つのモノをみて、あなたはすべてに価値を感じられるだろうか?多くの場合、本当に必要というよりは、ただ何となく捨てられないということがほとんど。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy