ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斎藤工に耳元で囁かれてドキッ! 胸キュン体験をするなら13日までに表参道“ささやき Light+”へ急げ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


表参道を歩いていると、野菜頭のイケメン俳優・斎藤工さんのデカデカとした看板が目に入りました! かぼちゃやトマト、れんこんなど盛りだくさんの野菜を頭の上に乗せた、インパクトある斎藤工さんの姿を、新しい『カップヌードルライトプラス』のTVCMで見て驚いた人もいるのでは?


あの斬新なヘアスタイルの斎藤さんが、表参道のビル“zero base”に巨大に登場。実はコレ、ただの広告というわけではりません。斎藤さんと甘い時間を過ごしながら『カップヌードルライトプラス』を食べることができる体験スペース“ささやき Light+”をオープンしたのです。

『カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ/バーニャカウダ』は、おいしさとカロリーカットの両方を実現した女性向けカップヌードル。低カロリーで野菜盛りだくさんのカップヌードルで、女性にハッピーになってほしい、という女性想いの商品です。

体験スペース“ささやき Light+”は、『カップヌードルライトプラス』の美味しさとともに、斎藤さんの魅力でもハッピーになってもらいたいと、期間限定でオープン。斎藤さんの甘いマスクと優しい声に癒やされたいと願うお疲れ女子には、ぜひ訪れてほしい胸キュンスポットなんです。

斎藤工と甘いひとときを過ごす


ビルの1階には、等身大の斎藤さんに添い寝できるフォトスポットを用意。緑の芝生の上で添い寝しているような、爽やかだけれど甘い写真が撮影できます。

そして赤面&胸キュン必至なのが、野菜ヘッドホンを通じて斎藤さんに甘い言葉をささやかれる、「ささやかれ体験」。“ダミーヘッドマイク”を使い、実際に斎藤さんが耳もと5cmまで近づいた状態で音声を録音。


表情認識機能を搭載した野菜ヘッドホンを装着すると、目の前のカメラが表情を分析して、斎藤さんが体験者にぴったりな甘いセリフを耳元でささやいてくれます。そのセリフの種類は30パターン以上! 

CMでも披露している「野菜~、すごいだろ~♪」の歌を歌ってくれたり、硬い表情だと、「緊張してるの? 大丈夫」と緊張をほぐそうとしてくれたりと、本当にこちらの表情を読み取って、柔らかい声で囁いてくれます。目の前のモニターには斎藤さんの真剣な表情が映るし、ヘッドホンから聞こえる声は、まるで間近でささやかれているよう!


こんなの、女子はみんな照れてしまうに決まっています。思わず照れ笑いが出てしまいますが、それでも“斎藤さんにささやかれる”というときめくシチュエーションに癒やされるはず。

「大好きだ」、「きみのすぐそばにいるから」など愛されボイス満載。筆者は、「もっと近づこうか」と更に耳元まで迫られて……かなりドキッとしてしまいました! これはけっこうラッキーな体験だったらしいです。

30パターン、どんなささやきがあるのか、どれほどドキッとさせてくれるのか気になります。体験したい人はぜひ、野菜ヘッドホンをかぶってください。

ラタトゥイユ、バーニャカウダどっちを食べる?


さらにビルの2階へあがると、野菜たちが天井からぶら下がる、カラフルな空間へ。びっしりと敷き詰められた色鮮やかな野菜たちに少し圧倒されながら、ここでは『カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ/バーニャカウダ』を試食することができるのです。



ここでは、ラタトゥイユまたはバーニャカウダのどちらか1つを選んで試食できます。『カップヌードル』はきちんと1つ提供されますが、あくまで試食ということなので、無料で提供! しかも、オシャレなパッケージイラストを使用したトートバッグまでプレゼント!


斎藤さんに癒され、低カロリーの美味しい『カップヌードル』を食べることができ、プレゼントまで付いてくる体験スペース“ささやき Light+”。こんなに女子にハッピーを与えてくれていいの? と思うほど至れり尽くせり。オープン期間は13日まで。斎藤さんとの甘いひとときを満喫しに急げ!

<カップヌードルライトプラス まるごと体験スペース “ささやき Light+”>
期間:2015年4月13日(月)まで
※各日の実施時間は特設サイトで要確認
場所:参道 zero base
(住所:東京都港区南青山 5-1-25)

特設サイト:
http://www.cupnoodle.jp/lightplus/sasayaki/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP