ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ようこそ、精神世界へ 「スピリチュアルからこんにちは」展がガチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「スピリチュアルからこんにちは」/(C)2012 TOMONOTSU-MUSEUM All Rights Reserved.
4月30日(木)から7月20日(月・祝)にかけて、広島・福山にある鞆の津ミュージアムにて、美術展「スピリチュアルからこんにちは」が開催される。

その名の通り、精神的世界から生み出された創作物をテーマとした美術展だ。出展作家一覧には、ライブストリーミングチャンネル・DOMMUNEを運営する宇川直宏さんの名前も。

何が飛び出すのか想像がつかない……

あらゆる著名人を自らに憑依させ、偽のサイン「憑依サイン」を書く宇川さんをはじめ、神霊研究家として「人の想念も含めた地球環境の浄化に全力」を尽くす活動を行う青樹亜依さん、地球上で暮らす宇宙人を描いた絵画作品で独自の世界を構築する宇根正浩さん。

自身が収集した人面石など1700点あまりを展示する私設博物館「秩父珍石館」を開設した故・羽山正二さん、廃材などを使ってつくられたオリジナルの仮面が2万点以上展示された栃木県那須高原にある私設博物館・創作仮面館といった、スピリチュアルな経歴を持つアーティスト・店舗が揃う。

関連イベントも濃すぎ……

5月31日(日)と6月28日(日)には、関連イベントとして、2万匹もの昆虫の死骸でつくられた、稲村米治さんによる「昆虫千手観音」などを巡るツアーも群馬県にて行われる。

そのほか、現代美術や建築、写真、デザインといった分野での執筆活動や書籍編集を手がける都築響一さんが、全国各地で取材したディープな人たちの生き様を紹介するトークショーなど、ミュージアムの周辺でも様々なイベントが実施される。

新たに公開されたフライヤーからはただならぬ雰囲気が漂っているが、様々なアーティストの精神世界が垣間見える玉石混交の美術展となりそうだ。

引用元

ようこそ、精神世界へ 「スピリチュアルからこんにちは」展がガチ

関連記事

“存在”に迫る1000枚のサイン──宇川直宏 個展「2NECROMANCYS」
廃ビル美術館では何が行われていたのか? アートの饗宴・BCTION 潜入レポート
未経験OK! JAXAが衛星と交信する激レアな宇宙バイトを募集

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP