ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、オクタコアプロセッサを搭載したデュアルSIMモデル「Desire 626G+」をインドで発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が Desire シリーズの新モデルとなる「Desire 626G+」をインドで発表しました。現地では9日より販売されています。Desire 626G+は、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの液晶ディスプレイや 1.7GHz 駆動のオクタコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスの Android スマートフォン。Desire 626 が Snapdragon 410 モデルなので性能的にはこれよりも上だと思います。筐体デザインはほぼ Desire 626 と同じで、画像だけでは両端末の差はわかりません。おそらく、カラーリングが変わっているのでしょう。このほか、1GB RAM、8GB ROM(Micro SD)、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーなどを搭載し、Wi-Fi b/g/n(2.4GHz のみ)、Bluetooth v4.0(apt-x 対応)、DLNA、デュアル SIM などをサポートしています。Desire 626G+ のインド価格は 16,900 ルピー(約 32,600 円)です。Source : HTC India


(juggly.cn)記事関連リンク
ゼンリン、可愛いデザイン・女子力アップスポットを探せる地図アプリ「恋するマップ~女子ちず~」のAndroid版をリリース
HTC Butterfly 2のAndroid 5.0.2アップデートが開始
Twitterクライアント「Talon for Twitter(Plus)」も早速 引用リツイートの新方式に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP