ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

破水しても働く女性役員は「自然体」なのか? 日経DUAL記事に相次ぐ疑問視

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
破水しても働く女性役員は「自然体」なのか? 日経DUAL記事に相次ぐ疑問視

日経DUALが4月8日に掲載した、「大和証券 子育ても仕事も自然体で女性役員に」が話題になっている。大和証券で6人目の女性役員となった広報部長・白川香名氏(48)へのインタビュー記事だ。子育てをしながら役員となった初のケースだという。
破水するまで働くのは「自然体」なのか?

記事では白川氏に、仕事と子育てについて聞いている。白川氏には2人の子どもがおり、1997年の第1子出産の際は、同社初となる産休を取得したそうだ。しかし、産後8週間で仕事に復帰。夫が会社を休んで育児をした。

第2子を妊娠したときは「プライベートなことだから」と、妊娠8ヶ月まで周りには告げずに仕事の日々。予定日の1ヶ月前に破水し、産休に入ったのは出産前日だった。さらに出産後はすぐに復帰。しかし、朝7時に子どもを保育園に預け、夜7時に迎えに行く生活に焦りを感じていたようだ。

「残業はできないし、夕方の職場の雑談にも加われない。業務後の何気ない雑談が仕事のヒントになったりするのに、そうした場にいられない疎外感を味わった」

仕事一辺倒の生活は続く。長男が手術を受けるときも「仕事があるので手術が終わるまでは付き添えない」と言い放ち、看護師から怒られた。次男の中学受験も「母としてできることは塾の月謝を払うことぐらい」と見守らず。しかし子どもへの罪悪感はまったくないという。

「子育てのプロに任せるわけだから、私がずっとみているより、はるかにいい」
「職場ではやるべきことをやるだけ。『子どもがいるからできない…』とか『子どもがいてもやる…』といった基準は存在しない」

30代女性社員は「普通に頑張っている人」とコメント

そうした仕事一筋ぶりが奏功したのか、40歳を超えて仕事で「アイデアがどんどん実現できるようになった」のだという。そうした実績が評価されての役員抜擢なのだろう。

記事では、大和証券の30代女性社員のコメントとして、

「白川さんのように、子育てをしながら、普通に頑張っている人でも役員になれるんだと思うと、励みになる」

という声が紹介されている。記事は「仕事も子育ても、あるがまま自然体。それが白川さんの人生観だ」と結ばれており、あくまで「普通」「自然」であることが強調されている。

だが、子育てを顧みず、破水するまで仕事をする姿が果たして「普通」「自然」なのだろうか。ツイッターなどでも3000件以上のツイートを集めたが、

「オレの読解力が低いのか?どう読んでもスーパーウーマンにしか読めない」
「『大和証券』の”子育ても自然体”が全く自然体ではない件」

と疑問視する声が相次いだ。
会長は「女性活躍」を掲げているが…

大和証券の鈴木茂晴会長は2014年3月18日、同じ日経DUALのインタビューで「育休を取ることが会社によい影響を与える」と発言している。同社ホームページによると、2013年度には女性486人・男性19名の計505人が育休を取得。2005年度に比べて取得者が約4倍に増えた。

また、2008年には「子育てサポート認定事業主マーク」(愛称「くるみん」)を取得。女性の活躍を推進する方針を打ち出していた同社だが、ツイッターでは

「いやー、これはダメでしょ 逆に『女性はここまでしないといけない』って誤解しまっせ汗」
「こんなの読んで『私も大和証券に入ろう』って思う女子がどこにいるんだろう。『ここまでやって自然体だからな!できなきゃやめろ』って恫喝されてる気分になるよね」
「ルミネといい、大和証券といい、『輝く女性』っていう名目をもとに時代が逆行してるんじゃないかと思う」

と、記事が提示する働き方に疑問の声が相次いでいる。

あわせて読みたい:ルミネの「働く女性たちを応援するCM」に非難集中 非公開に
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。