ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【週刊!?ジブリグッズコレクション】#11 ジブリ製作の企業キャラ 日清製粉の『コニャラ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年の日清製粉グループ創業110周年を記念して、スタジオジブリ製作のもとに誕生したネコのキャラクター『コニャラ』。
名前は小麦の「粉(こな)」にちなんでコニャラとなったそうな。

【関連:#10 久石譲in武道館 参加者配布用Tシャツ&スタッフ用パス】

2010年に誕生し2012年にはCMが製作され、子コニャラの登場により一層可愛さを増したコニャラワールド。2015年の4月3日からは、新たに『黒ネコとブチ』の2匹が加わって更なる世界の広がりを見せています。

CMの構成・作画は、『山賊の娘ローニャ』のキャラクターデザインを務めた近藤勝也さん。唄はスタジオジブリ作品にも何度か出演されている矢野顕子さん。そして声の出演をされているのが、近藤勝也さんの娘さんである近藤蕗さん。
このお三方は、ジブリ美術館の短編アニメーションである『やどさがし』でもとても深い関わりがあるので調べてみると面白いですよ。
(主人公の名前はフキちゃん)

と、いうことで今回のグッズはこちらっ!

■コニャラストラップ&コニャラぬいぐるみ

このストラップとぬいぐるみは、2010年の『創業110周年記念コニャラプレゼントキャンペーン』のもので、キャンペーンサイトよりクイズに答えて応募すると抽選によりプレゼントされたものになります。

ストラップのコニャラのデザインは鈴木敏夫さんがデザインしたコニャラの初期デザインで、過去にTシャツになって販売されていました。
ぬいぐるみの方は、麦わらの取り外しが可能なタイプで、日清製粉のコニャラデザインを踏襲したものになっています。
よく見ると、初期デザインと日清製粉でのデザインでは顔つきや耳のブチの方向に違いがありますよね。

現在では、一部のスタジオジブリグッズの取扱店でも発売されているほど人気のコニャラグッズ。カバンやスマホのアクセサリーなどにのんびりとした微笑ましいネコで彩ってみるのもよいかもしれませんね。

そして先週のクイズの答えは…千と千尋の神隠しでした~。

それではまた次回をお楽しみに~。

(文:非売品ジブリグッズ収集家 くろすけ/@kurosuke4313

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP