体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

終電でうっかり熟睡。気付けば遠い終着駅!そんな時に脳内で再生される曲

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
新人さんの歓迎会やお花見などなど、楽しいイベント盛りだくさんの4月。終電に飛び乗ったものの、そこからの記憶がない・・・ 気付けば、自宅から100キロ以上離れた観光地!通勤の利便性を向上させる相互乗り入れ電車を恨みながらも、やらかした自分へ慰めと後悔がつまった曲をどうぞ。

GReeeeN「OH!!!! 迷惑!!!!」のジャケット画像 (okmusic UP's)

1.「ガンダーラ」/ゴダイゴ
https://www.youtube.com/watch?v=buw8E4HUdWk
いやいや、寝過ごした訳じゃないよ、ずっと探していたユートピアにたどり着いたのさ。ほらみんな、ここがガンダーラさ!
・・・なんて一人芝居を始めてしまいそうな、とても歩いては帰れない距離まで来てしまった時は、脳内も現実から距離を取りたくなってしまいますよね。
1978年にスタートしたテレビドラマ「西遊記」のエンディングでもあったこの楽曲。苦しみさえ消えるというなら、今のこの状況も消して自宅の最寄り駅まで返してくれー!!と願い「ガンダーラ、ガンダーラ」と繰り返し口ずさみながら、少しでも早く帰宅出来るよう始発時間に向けて、線路沿いを孫悟空と仲間のように歩き始めましょうか。三蔵法師なら馬に乗せてもらえるのだけどなぁ。
(選曲・文/和久井直生子)

2.「OH!!!! 迷惑!!!!」/GReeeeN
http://youtu.be/Be3FhQumnUw
日印国交60周年記念事業で撮影されたプロモーションビデオがなんとも印象的な曲です。
歌はインド映画のような世界観を持っていて、是非ともこの映像を見ながら楽しみたい作品です。
そして、最後まで聴いて欲しいのです!
最後のワンフレーズ…これはまさしく電車を乗り過ごした私達の、顛末そのものではないでしょうか。
電車で眠りこける私達の、電車にゆられるリズムと音楽の一体感、そしてラストのフレーズはこんなシーンに皮肉なほど合いませんか?
私なら、乗り過ごして起きた時、こんな風につぶやきたくなります。
ほんとに夢ならいいのに!!
(選曲・文/宮川桃子)

3.「Cry Baby」/Janis Joplin
http://youtu.be/eDIaDS9HhMw
ん、終点…?!うわぁ、、やっちまった…って時に、冒頭の「おぉ〜〜〜、ベイベ〜〜〜!!」がシンクロします。
ジャニスは1970年10月、27歳の若さでその短い生涯を閉じますが、この曲はその後にリリースされたアルバム『パール』の中に収録されている1曲。元々ガーネット・ミムズというソウル・R&Bシンガーによって歌われていたのですが、ジャニスが歌うことで幅広く知られるようになりました。
人気の無い駅のホームで夜空を仰げば、脳内で「Cry baby〜, Honey, welcome back home…(泣いていいのよ、ハニー、おかえりなさい)」と脳内リピート。ジャニスの身体中から絞り出すような哀愁漂う歌声が心に沁みます・・・
(選曲・文 高原千紘)

4.「Tonight 星の降る夜に」/ 山下久美子
https://www.youtube.com/watch?v=lkKQ1HqxvQs
もう後悔してもしょうがない。その分しっかり眠れたと考え直し、この楽曲を脳内再生しながら大好きな人の事を思う時間にしてみませんか?恋人の事を想い、星空を見上げ幸せな気持にひたりながら(星が見えない日にはこの際、星空の映像も脳内再生しちゃいましょう♪)普段なら恥ずかしくて書いた事も無いようなラブメールを送ってみたり。片思いの人はキッカケなんてなんでもいい、滅多に無いこんなシチュエーションなんだし!とデートのお誘いメールを思い切って送ってみたり。思いがけず出来た時間を”好き”な気持に使ってみてはいかがでしょうか。
実はこの楽曲、以前結婚していたお2人、山下久美子作詞、布袋寅泰作曲によるもの。別れる事になってしまったけれど、お2人とも、とっても素敵に年齢を重ね、それぞれのカッコいい姿を私たちに見せてくれています。昔の恋を忘れられない方や嫌な思い出になってしまった人も「色々あったけれど、この時の愛だけは偽物じゃないよね。」と前へ歩き始めるキッカケになるかもしれません。
(選曲・文/和久井直生子)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy