ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイリー・サイラスの【ロックの殿堂】プレゼンター抜擢に抗議の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツが【ロックの殿堂】入りする際、思いも寄らないプレゼンターから手渡されることが4月8日に発表された。プレゼンターを務めるのはマイリー・サイラスだという。

 4月18日に行われる式典にて、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツへこのような栄誉を手渡す役目に同ポップスターが選ばれたことを受け、ロックファンからは抗議や困惑の声があがっている。しかし、【ロックの殿堂】の会長でCEOのグレッグ・ハリスは記者会見にて、サイラスとジョーン・ジェットは2011年に米トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』でジェットの曲を数曲一緒に披露したと、両者が過去にも共演していることを指摘。「彼女たちがお互いに認め合っていることを知り興味深かった。彼女たちは素晴らしい友人でありお互いのファンなのです」と述べた。

 また、デイヴ・グロールとトミー・ジェイムス(Tommy James & the Shondells)も、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの殿堂入りを歓迎するためグループに加わり、パフォーマンスを行うことも発表されている。

 なお、今回【ロックの殿堂】入りするのはこの他、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、グリーン・デイ、ルー・リード、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル、ビル・ウィザース、リンゴ・スター、ザ・ファイヴ・ロイヤルズだ。ザック・ブラウンとトム・モレロがポール・バターフィールド・ブルース・バンドのパフォーマンスに参加するという。

 同式典の模様はHBOによって撮影され、現地時間5月30日に放送される。

関連記事リンク(外部サイト)

ノエル・ギャラガーのお気入り、ブラック・リバーズの日本発売が決定
カニエ・ウェスト、空港で殴ったパパラッチと和解
ゼッド、2ndアルバム来月発売へ。新Remixの無料提供も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP