ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさか!?ポケットに入れたスマホが突然過熱。大やけどを負った男性の悲劇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホに関する、ちょっと耳を疑いたくなるようなニュースがアメリカから届きました。ポケットに入れていたスマホが、突然過熱してやけどを負い、10日間も入院するはめになった男性がいるようです。

とんだ災難に遭ったのは、米・ニューヨーク州に住む整備技師のエリック・ジョンソンさん。彼が使用していたのはiPhone 5c。

悲劇が彼を襲ったのは、車のキーを落としてかがんだ瞬間。「パキッ」かすかに破裂音が聞こえたんだとか。その直後、何かが噴き出すような「シューっ」という音とともに、左太もも辺りを激しい痛みが走ったそうです。

ポケット内のiPhoneに異変を感じたエリックさん、すぐさま取り出そうとしたものの、パニック状態でなかなか出てきません。やっとの思いでズボンを脱ぎ捨てましたが、ときすでに遅し。脚にやけどを負ってしまいました。

その場にいた兄弟の車ですぐさま病院に向かい、治療を受けたエリックさん。診断は皮膚の内側、真皮にまで達する大やけど。治療のため10日間も入院するはめに。

動画でエリックさんは、異様に変形し膨らんだiPhone 5cを手に、当時の状況を振り返ります。

最初はワケがわからなかった。取り出そうにもポケットの端が溶けてきて。だからとっさに脱ぎ捨てたんだ。

エリックさんはApple Inc.に対し、電話と書面で過熱の原因究明を問い合わせたそうですが、CNNの取材時にはまだ、正式な回答は返ってきていないとのこと。専門家は、バッテリーが破損し、中のリチウムが溶けて過熱した可能性が高いと見ています。

iPhone 5cが発熱する前、彼がかがんだタイミングの破裂音に、悲劇の引き金となった原因がありそうですが・・・。
それにしても、私たち誰にも同じようなケースは考えられます。もちろんこれは、iPhone 5cだけに限った話ではありません。ポケットのなかにスマホを入れて持ち歩く人には、頭の片隅にでも留めておいて欲しい話題でした。

Top photo by Carl Berkeley / Reference:You Tube

関連記事リンク(外部サイト)

「毎日100頭の象が人間によって殺されていることを知っていますか?」 ドローン技術で密猟から守る「Air Shepherd」 プロジェクト
生態系を守る橋。生き物に優しい「アニマルブリッジ」
スマホの充電時間が「半分」になる、USBケーブルが登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP