ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋多き女子アナ・下平さやかが巨人・長野を落とした乙女な一面

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月29日、読売巨人軍の長野久義(30才)とテレビ朝日の下平さやかアナ(42才)が、交際7年目にしてようやくゴールインした。吉報のはずが、結婚報道直後、ネット上では、《まさかあの下平と続いていたとは…》といった声が溢れかえった。なぜなら、「女子アナ屈指の恋愛スキャンダル遍歴」が、彼女を表す枕詞だったからだ。

 1999年のSMAP・中居正広(42才)との合鍵デート、翌年の内村光良(50才)とのお泊まり旅行、2002年の「吉田兄弟」の吉田健一(35才)との熱愛と、次から次へと伝えられた恋模様。

 そして2009年12月、巨人にドラフト1位指名されたばかりの長野との12才年の差、“車チュー愛”をスクープされたのだ。

「当時、長野さんはデビュー前の選手だったため、下平さんのこの“青田買い”には非難が殺到しました。彼もまた、“実績もないのにやることは一人前”と、大バッシングを受けることになりました」(スポーツ紙記者)

 下平は熱愛報道後にレギュラー番組『やじうまプラス』を降板し、アナウンス局から警視庁担当の記者職へ異動となった。誰からも祝福されず、交際と同時に茨の道を歩み続けてきたふたり。それだけに、苦難を乗り越えて見事ゴールインした彼らを、感慨深い思いで見つめている者もいる。

「彼女は、誰よりも誤解されてきた女子アナです。過去の報道からか、世間では“男性依存の恋愛体質”に見られがちですが、本当の彼女は男性に媚びたりしない、超サッパリした“姉御肌”の女性なんです。昔から後輩アナの恋愛相談に真っ先に乗ってあげるのは下平さんでしたから」(テレ朝関係者)

 また下平は大衆居酒屋を何軒もはしごして、“とりあえずビール”的なオヤジノリの性格で男性アナや記者、スタッフからの支持も高かったという。そんな下平が、ふとした瞬間に見せる“乙女”な一面が、長野の心をつかんだようだ。

「実は下平さんって、料理が苦手なんですね。でも、プロ野球選手の妻ともなれば、夫の食事の栄養管理や体調ケアは必須事項です。プロ野球選手と結婚した先輩アナに、料理の相談をして勉強していたそうです。また、彼女は“エア料理”といって、頭の中で料理を作るという、奇妙なイメトレをしていました。“3時間かけて牛すじ煮込みを作りました”なんて言うんですが、よく聞くと、それも脳内の出来事だという(笑い)。彼女のこういう所が、長野さんにはいとおしくて仕方なかったんでしょうね」(別のテレ朝関係者)

 とはいえ、長野は巨人きってのモテ男。彼に近づいていく若い女の子はたくさんいただろう。彼が下平を選んだ理由とは。

「下平さんは長野さんに対して、“結婚のプレッシャー”をかけなかったそうです。一度も結婚を迫らず待ち続けた。そんな関係が彼にしてみれば居心地がよかったのかもしれません」(巨人関係者)

 下平は“最後に自分のところに戻ってきてくれればいい”という忍耐力をこれまでの幾多の恋から学んだのだという。

※女性セブン2015年4月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
下平さやかアナ 巨人・長野との結婚をテレ朝幹部に挨拶済み
下平さやかとは破局? 巨人・長野が連れ歩く「別のさやか」
下平さやか 東京ドーム入り浸り「長野と結婚」外堀埋める?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP