ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「爆買」する中国人に恐怖感をもたない日本人は能天気すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月の全国人民代表大会(全人代)で、春節(旧正月)休暇を利用して日本を訪問した中国人観光客の「爆買」に批判が集まったことが香港でも大きな話題になった。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、爆買中国人客のなかには大型液晶テレビ3台、エアコン3台、冷蔵庫1台とシステムキッチンセット、数台のDvDプレーヤー、それに数台の温水洗浄便座(ウォシュレット)と空気清浄機3台など、締めて約10万元(約190万円)分買った人もいるという。この観光客は、これらの製品を小型のコンテナに入れて空輸し、輸送費と関税を含めて全部で20万元(約380万円)を費やした。まさに「爆買」と呼ぶにふさわしい買い方だ。

 10日間の春節休暇中、日本を訪れた中国人観光客は45万人にも及び、買い物に費やした金額は約60億元(約1140億円)に達した。

 香港に住んでいると、中国に対する屈折した感情が表面化しやすいのだろうが、爆買中国人への対応が香港と日本ではあまりに対照的なのに、違和感を覚えてしまう。
 
 香港でも中国人観光客による粉ミルクなど日常品の買い占め騒動が起きていて、香港人の中国への対応はかなり批判的だ。それに比べて、日本人の中国人に対する寛容さは理解しにくい。
 
「中国人が日本に大挙して押し寄せて、そのまま帰らなかったら……」というような恐怖感をもたないことに日本人の脳天気さが表れているのではないか、と言ったら言い過ぎだろうか。
 
 李克強首相は全人代で、日本に対して、すでに終戦から70年も経っているのに、「国家の指導者は、先人の作り上げた業績を継承するだけでなく、先人の犯した罪がもたらした歴史の責任も負わなければならない」と述べるなど対日批判を繰り返している。習近平氏も同じだ。
 
 今年は中国にとって「戦勝70周年」で、7月以降、毎月のように戦争関連の記念日が続くだけに、今年も習近平指導部による「日本叩き」は一層激しくなるだろう。日本は爆買中国人を称賛するよりも、日本叩きにどう対処するかをしっかりと考えておいた方がよいのではないか。
 
●文/ウィリー・ラム 翻訳・構成/相馬勝

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国人爆買いの恩恵受けてきた香港 デモ影響で現在は客激減
第4次韓流ブームで沸く中国 韓国訪れる中国人観光客も激増
家電爆買い中国人 日本製優秀との認識強く高値でネット取引

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP