ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

撮影した書類をすぐ編集可能に!人気のスキャナアプリ「Office Lens」がiOS&Android版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンで撮った書類やレシートなどの写真を自動補正してくれるスキャナアプリを使っている読者も多いだろう。美しくデジタル保存しておくと、何かと便利なものだ。

マイクロソフトは、そのスキャナアプリをさらにグレードアップした「Office Lens」のiOS、Android版をリリースした。すでにWindows Phone版はリリースされており、かなりの人気を集めていた。

「Office Lens」は、OCR(テキスト認識)機能を備えていて、取り込んだ内容を編集可能な形式のものに変換してくれるというもの。日本語に対応しているのもポイントだ。

・WordやPowerPointに簡単変換

使うには、取り込みたい書類などをアプリのカメラで撮影するか、すでに撮影してある画像を選択する。すると、アプリが書類の内容を読み込み、他のスキャナアプリと同様に歪み矯正やトリミングなどをして体裁を整えてくれる。

そして、ここからがOffice Lensの強みで、取り込んだ文書をWordやPowerPointの文書に変換し、編集可能にしてくれる。また、JPG画像やPDFとしても出力・保存したり、メールで送ったりすることもできる。

・Androidはプレビュー版

ちなみに、Word、PowerPoint文書になったものは、マイクロソフト社のクラウドストレージ「OneDrive」のOffice Lensフォルダに保存される。

iOS版は今回正式リリースだが、Android版はプレビュー版となっていて、Google+のメンバーになるとテスターとして使用が可能になるようだ。

Office blog

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP