ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読み込みスピード世界最速!新登場のフラッシュドライブ「iKlips」がスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽も動画もスマートフォンやタブレットで楽しめる時代。便利な一方で、つきまとうのが容量の問題だ。特に動画を何本も撮影したりダウンロードしたりすると、あっという間に容量は不足してしまう。

そこで便利なのが、端末に外付けするフラッシュドライブ。端末内にあるデータを一時保管したり、あるいは大容量の映画などを落としておいて、必要に応じて端末に差し込んで閲覧したりすることが可能だ。

このフラッシュドライブ、これまでもiStickPiconizeriXpandなどを取り上げてきた。そして今回紹介するのはこのほど資金調達サイトIndiegogoに登場した「iKlips」。機能は大きく変わらないが、読み込み、書き出しスピードが速いのが売りだ。

・映画データ移送も素早く

iOS専用のiKlipsには、ライトニングコネクタとUSB3.0の端子が付いている。開発元によると、ライトニングコネクタ側の読み込みスピードは14MB/秒、書き出しは8 MB/秒。USB側は読み込み140 MB/秒、書き出し20 MB/秒となっていて「世界最速」だという。

確かに、従来のものだと、このスピードは10 MB/秒前後がせいぜいだった。読み込み速度の方が書き出しより早いが、それでも30 MB/秒を超えるものはそうはない。

それと比べると、iKlipsのUSB経由の読み込み速度140 MB/秒は確かに驚異的な速さといってもいいだろう。これを使うことで、PCなどからの映画のデータ移送もあっという間に終わる。

・今なら予定小売価格の40%オフ

Apple社のMFi認定も受けているこのフラッシュドライブ、スペックは66.5×11.35×22.2ミリと小型なので当然持ち運びも簡単。そして容量は16GB、32GB、64GB、128GBの4タイプが用意されている。

Indiegogoではすでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実となったので、iOSユーザーで興味のある人は要チェックだ。キャンペーン(4月22日まで)では予定小売価格の40%オフで入手でき、16GB49ドル、32 GB69ドル、64GB89ドル、128GB169ドルとなっている(送料込み)。

iKlips/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP